FC2ブログ

拳四朗が「禊」のV8戦

“滑り込みセーフ”などといっては語弊がありますが、4月24日、大阪・エディオンアリーナ大阪でプロボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが開催されます。同級王者・寺地拳四朗(29=BMB)が同級1位の挑戦者・久田哲也(36=ハラダ)を迎え撃つ8度目の防衛戦-。

世の中は新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、政府は4月23日、東京都、大阪府など4都府県に対して緊急事態宣言を発令。期間は4月25日から5月11日までとしGW期間中の人流と3密を徹底して封印する強い構えを見せています。

特に1日の感染者が1000人超えの日が続く大阪府は、府内で開催されるプロ野球などスポーツイベントについて「中止か延期、無観客という考え方でいる。人が集まるイベントは避けるべき」(吉村洋文知事)としており、発令前日に行われるこの大会は“滑り込みセーフ”的であっても、急転“前倒し”にならず、何とか実施にこぎつけてもらいたいものです。

この大会を主催するプロモーターの真正ジム・山下正人会長(58=西日本ボクシング協会会長)は、行政の方針には従うことを前提として「頑張って来た選手のためにも試合をやらないわけにはいかない。会場が閉鎖にならない限り、無観客でもやります」と明言。現段階では収容人員6000人の会場に2200人を上限とした観客を入れる有観客が予定されています。

気がかりな不祥事の後遺症

実際、王者の寺地にとっては、この機会を“絶対に”逃したくない気持ちでしょう。

2019年12月23日、挑戦者ランディ・ペタルコリン(フィリピン)に4回TKO勝ちして7度目の防衛に成功。その後、2020年に「文春砲」(11月26日発売)により、7月に泥酔の末、他人の車を破損したことを明らかにされ、事実を認めた寺地は謝罪文を発表、JBC(日本ボクシングコミッション)は、寺地に制裁金300万円、3カ月間のライセンス停止、6カ月間の社会奉仕を科しました。

それにより同年12月に予定されていた久田との防衛戦が中止となり、今回の対戦実現は「禊(みそぎ)を終えた王者の、改めてファンお詫びするV8戦に至ったわけです。

2017年5月20日にガニガン・ロペス(メキシコ)からWBC世界ライトフライ級王座を奪ってから、もう約4年が経っています。安定政権ともいえますがや、今回“出直し”寺地が見据える目標は、具志堅用高氏が持つ世界王座「13連続」防衛日本記録です。WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳=引退)が「12」まで行きながら、あと一つ届かなかった不滅の大記録…。

寺地はそれに向かって再び第一歩を踏み出します。懸念はV7戦以降、1年4カ月の長期プランクが生じてしまったこと、そして…自身、内面にまだくすぶっているだろう不祥事の後遺症です。

それらを背負ってプロ47戦目、36歳のベテラン久田の“したたかさ”をどう封じ込むか。ともに“コロナに負けるな”の白熱戦を期待したいものですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR