王座統一戦を起爆剤にしたい!

注目の一戦が近づいてきました。6月20日に大阪・ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)で開催されるプロボクシングWBC&WBA世界ミニマム級王座統一戦、WBC王者・井岡一翔(23=井岡)とWBA王者・八重樫東(29=大橋)の激突です。

先日、ボクシング界とは無関係の知人と話していたところ、ところで・・・井岡と八重樫の試合、面白そうだね、という話題が出てきました。

野球や盛り上がるサッカー、米メジャーで頑張る女子ゴルフ、近づくロンドン五輪も加わってこのところ、ボクシングまではなかなか手が回らない様子のスポーツ新聞各紙ですが、こうして思いもかけないところから突然、井岡vs八重樫戦の話題が出てくると、ああ、このジャンルも大事にしてあげなくてはなァ、とつくづく思います。

現在、日本のプロボクシング界は、8人の世界王者を持ち、そのうち3階級でWBCとWBAの王者が並立しています。井岡と八重樫のミニマム級を初め、WBC王者・山中慎介(帝拳)とWBA王者・亀田興毅(亀田)のバンタム級、WBC王者・粟生(あおう)隆寛(帝拳)とWBA王者・内山高志(ワタナベ)のスーパーフェザー級、です。

団体の垣根を超えた王座統一戦は、団体の数が増え、また団体内にも様々な王座の数が増え、乱立が指摘され、それにともなう人気の低迷が間違いなくある以上、誰が強いんだ! というテーマに答えるのなら、避けては通れないものではありますが、現実は所属ジムの主導権争い、試合に携わるテレビ局の問題など、リング下の折衝になかなか難しいものがあります。

実現させた両陣営の英断に拍手を

その意味でまず、先陣を切り、国内初となる両団体の王座統一戦を実現させた井岡&大橋両ジムの決断には拍手を送ってあげたいと思います。

過日、井岡ジム(大阪・浪速区)で公開スパーリングを行った井岡の発言には、ボクシング人気の回復を願う気持ちがあふれていました。つまり、この話題をボクシング界だけのものにはしたくない、もっと幅広く世間に認知してもらいたい、という切なる思いです。

1989年(平1)3月24日生まれの23歳。所属する井岡ジムの井岡弘樹会長は、WBC世界ストロー級&WBA世界ジュニアフライ級の元2階級制覇王者で叔父にあたり、父親の一法氏がトレーナーを務めるサラブレッド。井岡自身、昨年2月11日、プロ7戦目という国内最速記録で世界王座を奪取する快挙を達成しています。

初防衛戦をクリアした後、昨年大みそかのV2戦では、電光石火の1回1分38秒、TKO勝ちを収め、勢いに乗って、このビッグマッチにこぎつけています。

まあ、2人の比較の仕方は様々あり、簡単に表現するなら「エリート・井岡」に対し「雑草・八重樫」の対決、といったところになります。

八重樫自身、主役の座を井岡に譲っているところも見受けられますが、心中は「脇役が主役を食う」の気概に満ちており、試合は面白いものになりそうです。

そして・・・前売り券が既に完売したということで注目度の高い、この日本初となる「WBC・WBA王座統一戦」を、一人でも多くの方々に見てもらいたいものだ、と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR