映画「天城越え」を観(み)て・・・

“イチ並び”となった11月11日の日曜日、神奈川・茅ヶ崎市立図書館(本館・第一会議室)で開催された、これまた“イチ並び”の「第11回湘南映画上映会」に出かけました。

「湘南映画上映会」は、映画の振興を目的として08年7月に設立された「シネマテーク茅ヶ崎」(福田浩三代表)が運営する、映画ファンにとっては嬉しい、数々の名作が鑑賞できる貴重な場を提供してくれています。

とともに湘南エリアには、松竹撮影所がかつて、大船(神奈川・鎌倉市)にあったことで監督、俳優、スタッフら多くの映画関係者が在住しており、福田代表の胸中には「湘南の映画遺産を後世に残したい」との大きなテーマがあり、映画上映後に行われる、レギュラーの大嶺俊順(としのぶ)監督=茅ヶ崎市在住=を中心としたゲストを招いてのトークショーも、集まった映画ファンにとっては、普段は表に出ない撮影秘話がしばしば聞ける、お楽しみの時間になっています。

茅ヶ崎市は、私が住む藤沢市(神奈川)からJR東海道本線で下って2駅目の隣町ですが、茅ヶ崎市在住の友人に誘われて、初めてここに出向いたのが前回の「第10回上映会」でした。

今回は2度目となりましたが、上映作品が三村晴彦監督(故人)の「天城越え」(1983年公開=松竹・霧プロダクション製作)だったことも、観(み)ておきたい魅力的なものの一つでした。

「天城越え」は、1959年(昭34)に世に出された松本清張氏の短編小説です。

家出をした14歳の中学生・小野寺建造が、下田から静岡に向かう途中、天城山中で、裸足で歩く娼婦の大塚ハナと出会い、旅は道連れ、といった形で、ともに旅をすることになります。

天城トンネルにさしかかって一人の旅する男と出会ったとき、ハナは小野寺少年を先に行かせ、自らは金を稼ぐため、草むらの中で体を売ります。引き返してそれを目撃してしまった小野寺少年は、その男を殺してしまいます。

県警による「天城山殺人事件」の捜査。結果、容疑者として逮捕されたのはハナでした。

事件を担当し、ハナの逮捕後も、事件の真相を追い続けて30年間、今は県警の嘱託となり、老刑事ともなった田島松之丞が、ついに静岡で印刷業を営む小野寺建造にたどりつく、というストーリーです。

少年の心に宿る恋心と殺意

映画の中でハナを演じた田中裕子は、この演技で第26回ブルーリボン賞主演女優賞、第38回毎日映画コンクール主演女優賞など多くの賞を受賞していますが、それを裏付ける好演を全編を通して見せ、観る側をしびれさせました。

そもそも、手ぬぐいを無造作に頭にかけて片端をくわえ、着崩れた着物の裾をひるがえし、天城山中を裸足で歩く、退廃的な姿そのものが魅力的であり、田中裕子独特の物憂げな顔が、それにマッチしていました。

上映後のトークショーで生前、三村監督との親交が深かった大嶺監督から、一つのエピソードが披露されました。撮影中、三村監督と主演の田中裕子との間で「自然体か演技か」のテーマで大激論が交わされたというのです。

三村監督の「演技しろ」に対して田中裕子は「“地”でやることのどこがいけないの」と応戦したのだそうですが、互いに譲らず、延々、終わりそうにない対立にあって“仲裁役”を買って出たのが、執念の刑事・田島松之丞を演じた渡瀬恒彦でした。彼は田中に〈地がいいとか悪いとか、何だかんだ言う前に、お前の地なんか、どこにあるんだ〉との厳しい言葉を突きつけ、これで田中は持論を撤回、素直に引いた、とのことでした。

渡瀬という男は、こうした人の面倒見の良さに加えて、この件に関しては、田中に演技することを再考させており、なかなかの人物なのだ、と大嶺監督は話してくれました。

夕刻、会場の図書館を出ると天気予報通り、外はかなりの雨でした。近くの居酒屋に駆け込み、友人たちとにぎやかな時間の始まりです。そして・・・友人が言いました。

〈ある意味、初恋物語、だったよな。下田の実家で、神聖であるべき母親(注=吉行和子)の情事を覗き見てしまった小野寺少年が、家出して途中、美しい娼婦のハナと出会い、美しかった以前の母親とイメージをダブらせるが、そのハナが体を売る場面も目撃してしまったんだからむごいよな。夢破れ、淡い恋心も消え・・・憎しみは男へ! 最後は殺人か〉

何と初恋物語ときましたか! まあ、いろいろな見方があるものですが、そこが映画の面白いところでしょう。「シネマテーク茅ヶ崎」の活動には、今後のますますの健闘を期待したいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR