身にしみる「男はつらいよ」の哀感

貴重な映像を観(み)る機会を得ました。

1月13日の日曜日、茅ヶ崎市(神奈川県)のコミュニティホールで開かれた「湘南映画上映会」の新年第1弾で、です。

この上映会は「シネマテーク茅ヶ崎」(福田浩三代表)によって毎回、主催・運営されていますが、第12回を迎えた今回は、主催陣に茅ヶ崎市教育委員会も加わって熱がこもりました。

テーマは、あの国民的人気シリーズ「男はつらいよ」はどうして生まれたか、題して「文化に触れる~男はつらいよ第1作誕生秘話」です。ゲストには、第1作から第6作まで助監督として携わった、地元・茅ヶ崎市在住の大嶺俊順監督が招かれ、上映会後の第2部にセッティングされた同監督のトーク・イベントでの“知られざるエピソード”披露にも期待が持たれました。

映画「男はつらいよ」が、テレビドラマの延長線上から生まれたことは、よく知られていることです。テレビの第1作は1968年(昭43)の10月3日、フジテレビで放送(午後10時~)されました。

当時の私は? といえば、大学を卒業したばかりのときでしたが、テレビでこのドラマを観たことはありませんでした。で・・・冒頭にいきなり記した貴重な映像ですが、その第1作をこの場で観せてくれたのです。

ウンウン、知っている、覚えているよ、という年配の方々も多いと思いますが、テレビ版「男はつらいよ」の第1作は、妹のさくら役を長山藍子が務め、東京・丸の内の一流企業のOLとして勤務し、日々、仕事をテキパキとこなしています。ある日、帰宅する電車の中で例の格好の男と遭遇。降りる駅も同じ、向かう家も同じ、とあって逃げるように帰宅しますが、その男が幼いころに家出した兄の車寅次郎(もちろん渥美清です)であり、久々に帰ってきたのだ、ということが分かり、懐かしくもあり、気味が悪くもあり、といったところから物語が開始されています。

「笑い話でしか伝えられない真実もある」

映画版「男はつらいよ」の第1作は、テレビの放送が終了した後の1969年(昭44)8月27日に公開されています。映画の方では、東京・葛飾柴又の祭りの最中に寅次郎が帰ってきます。折から話が進んでいた妹・さくら(倍賞千恵子)の見合いの席に同席してぶち壊してしまったり、と思えば、タコ社長こと桂梅太郎(太宰久雄)が営む、裏の印刷工場で働く諏訪博(前田吟)とさくらの仲を取り持ったり・・・そしてマドンナ(冬子=光本幸子)との淡い恋に破れ・・・と、シリーズ全48作(プラス特別編1作)に共通したパターン、つまり、喧嘩、あるいは失恋→家出→温かい家庭へ戻る、を繰り返す人情喜劇「男はつらいよ」の形が、第1作で完ペキにつくり上げられていました。

テレビ版から映画版への製作は当初、テレビの二番煎じでは、と松竹首脳の反対にあったそうです。が、テレビ版の最終回で、寅次郎がハブに噛まれて死んでしまうという結末にしため、視聴者を“殺してしまうとは!”と怒らせてしまったことを猛省した原作・脚本の山田洋次監督が「粘りの強行」(大嶺監督)で実現させたとのことでした。

山田監督とともに助監督として名作の誕生に貢献した大嶺監督は、ゲスト・トークの場で、山田監督が語った印象に残る言葉を挙げてくれました。

〈悲しいことを涙で表現することは易しい。悲しいことを笑いで表現することは難しい。笑い話でしか伝えられない真実もある〉

これは、私自身も、まだ駆け出し記者のころ、文章修行において先輩から、涙で悲しみを安易に書くな、と厳しく教えられたこともあり、大いに共感するところでした。

大嶺監督は、つくる側に“いつか寅さんの恋を実らせてあげよう”という温情はあったか? という問に対して「まったくなかった」と答えてくれました。それは、あるいは、山田監督が「笑い話でしか伝えられない真実もある」とした美学かもしれないし、全編を通して、観る側に「寅さん、しっかり!」と、やきもきさせる哀感こそが、涙と笑いに包まれた「男はつらいよ」の持ち味なのでしょう。

今も心に響きます・・・そうです。「私、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使いました根っからの江戸っ子。 姓名の儀は車寅次郎。人呼んでフーテンの寅と発します」・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR