桜の季節に思うこと

〈弁(わきま)える=ものの道理を十分に知る。よく判断してふるまう。ものの区別を知る。*使い方の例=場所柄を弁えないふるまい、など〉(広辞苑)

桜のアッという間の「開花→満開」宣言により、先週末あたりは、都心を含む関東各地区の名所は、ドッと押し寄せる大勢の花見客でにぎわったようです。

今しかないでしょう! とばかり、一気呵成に咲き誇る桜の絢爛さには、ニッポンの美を感じて感動的ですが、一方、この季節、浮かれるあまりの、あまり見たくない、日本人の“一方の姿”が各所で展開されて、腹立たしくもあります。

つまり、こと“これ”に関しては“これ”が常識なのでしょうが、普通の感覚では、とても常識とは思えない「場所取り」合戦の異状、周囲にはおかまいなしの傍若無人のふるまい、そして、これを一番恥じなければならないことなのですが、大騒ぎの後に残されたゴミの山・・・などなど。ああ、情けない!。

日ごろ、しばしば立ち寄るスーパーで、こんなことがありました。

どこかの会社の若手の社員でしょうか。花見に備えて上司から、食料調達係にでも任命されたのでしょう。かんぴょう巻きや鉄火巻き、いなり寿司などが並ぶ寿司類コーナーに来ると、何とそれらを全部、かごの中に入れてしまったのです。

その後ろであっけに取られる老婦人。彼女の胸中には、お昼にはお寿司でもつまんで・・・という質素な気持ちがあったことと思いますが、それもならず・・・。

彼らの行為により、一時的にガラ空きとなってしまった寿司コーナーの無残な光景に、私は思わず、東日本大震災後にスーパーから消えた、米やパン類、乾麺類を置いてあったガラ空きの棚を思い出してしまいました。

ああ、買占めは、こうして行われるのか、と-。

買い占めた彼らにしてみれば、ちゃんと代金を支払って購入するのだから、文句はないだろう、ということになり、それはまったくその通りなのですが、その行為に決定的に欠けているものは「わきまえのなさ」という配慮面、他の人たちを気遣う精神的部分でしょう。

自問自答してほしい「わきまえの心」

花見に参加する人数を計算すれば、恐らく、それだけの量が必要だったのでしょうし、が、結果として棚が空っぽになってしまったなら、他の客の困惑も考えて、面倒くさがらずに他店との分散購入を考えることだって、そんなに難しいことではないでしょう。

要はそれに気づくか気づかないか、だけの問題、人間の成熟度の問題ではないかと思います。

わきまえのなさで腹立たしい思いをすることは、こうした花見の季節での出来事に限らず、日ごろの街中でも結構、多く見られます。

先にこの欄でも書きましたが、愛犬をつなぐリードで狭い道を塞いでいても、他の歩行者の迷惑になっていることになかなか気づかない飼い主、駅の自動券売機の前で必要以上に時間をかけて後続のイライラに気づかない人たち、また、長い歩く歩道(だから歩く歩道なのです)で右側を塞ぎ、急ぐ人たちの迷惑に気がつかない若いカップル・・・などなど。

私は以前、こんな出来事に出会い、思わず「ありがとう」と声を掛け、頭を下げてしまったことがありました。

それは雨の日、急ぎの用事があり、タクシーを待っていたときのことです。ちょうど待っていた場所にタクシーが止まり、先客のご夫人が降車しました。そのとき、彼女は、雨で濡れた傘で水滴が残るシートを、自分のハンカチで丁寧に拭いてから降りたのです。

自分だけがよければ・・・と考えるのは簡単なことです。一方、他人のことまで考えることが面倒で難しいのは当たり前のことです。

が、今の時代、自分さえよければ、の行動が、あまりにも多すぎるように感じます。桜の花が急に満開になったからといって、花見の用意が急に必要になり(別にしなくてもどうということはないでしょうに・・・)その結果、スーパーの食料を買い占めてしまった、などということは、どんな角度から分析しても、とてもとても納得出来るものではありませんが、どうでしょう。

咲き誇り、瞬時に散っていく、桜の美しさと切なさに感動する、日本人の心、奥ゆかしさをもう一度、見直してもらいたいものだ、と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR