「挑戦と無謀」の狭間で揺れる心理

世界最高峰のゴルフの祭典「マスターズ」(4月14日=日本時間同15日=最終日、米ジョージア州オーガスタ=オーガスタ・ナショナルGC)は、プレーオフの末にアダム・スコット(32=オーストラリア)が優勝、オーストラリア勢が初めて、栄光のグリーンジャケットを得て幕を閉じました。

激闘4日間の模様は、例年通り、TBSテレビの早朝生中継のお世話になりましたが、最終日の混戦の中で感じたことは、上位を争う“世界のマスター(名手)”たちの「判断と決断」の凄さでした。

“面白い”という言い方は、1打にしのぎを削る選手たちに失礼かもしれませんが、彼らが敢行する“無謀”とは紙一重にある“チャレンジ魂”は、確かに観(み)る側にとっては、手に汗握る面白さがあります。

例えば11番(505ヤード、パー4)から始まる「アーメン・コーナー」の最後のホールとなる13番(510ヤード、パー5)-。

ここは直角に近い曲がり方をしている左ドッグレッグ・ホールで、ティーグラウンドの前に川、フェアウエー左サイドに沿ってクリークが走り、それがグリーン手前を横切っている、かなりメンタル的要素の強いロングホールです。

以前は400ヤード台の距離の短いロングホールでイーグルもバーディーも出る可能性がありました。昨今は、道具の進化への対応として510ヤードと距離が長くなりましたが、それでも4つのロングホールの中では最短とあって、選手たちは常に、第1打の落とし場所次第で(2オンを)“狙える”ホールとして認識していることと思います。

さてさて・・・です。

熱戦の舞台であるオーガスタ・ナショナルGCは不思議なコースなのです。

“球聖”と呼ばれたボビー・ジョーンズが現役引退後の1932年、友人の実業家クリフォード・ロバーツと共同で造成したコースで、設計はアリスター・マッケンジー博士が受け持っています。

石川、松山らに求めたいもの

ジョーンズは自著「ゴルフはわが人生」の中で「コースを設計するに当たって、われわれの要求に欠くことのできない点は、アベレージ・ゴルファーの力量の範囲内で楽しめるコースを建設することだ」と記述しています。

 なるほど、といっていいものかどうか、は判断しかねますが、ハナミズキ、ツツジなどの花々が大会開催時の4月から初夏にかけて咲き誇る花園のコースは、一見してフェアウエーが広い、平坦な林間コース、誰の手にも負えそうな印象を与えています。恐らく練習ラウンドでは、多くのトッププロがそう思い、優勝への青写真を簡単に? 脳裏に描くことと思います。

 が、それが一転、難易度を増すのは、大会に入って観客(マスターズではパトロンと呼んでいます)が各ホールを取り囲んでからなのです。漠然としていたホールが、取り囲んだパトロンたちによってくっきりと輪郭を現し、と同時にホール全体が熱気に包まれます。

それが、オーガスタに棲む魔女たちのお目覚めの時間なのです。

最終日、優勝戦線でしのぎを削る選手たちの、1打ごとの「判断と決断」は、攻めるべきか守るべきか、自身の心理(欲望)との闘いとなり、それが「オーガスタ棲む」と言われる“魔女”の正体でもあるのです。

テレビの画面に映し出された中では、首位でスタートしたB・スネデカー(最終成績は通算4アンダーで6位タイ)が途中、スコアを落とし、挽回を期した13番で第2打、果敢にグリーンを攻めて手前クリークに落とし、優勝争いから脱落しました。

手前に置いてバーディーを狙う安全策もあったでしょう。果敢なチャレンジとその背中合わせにある無謀、その狭間で心理が揺れ動きます。が、結果はともかく、ここで狙わずにどこで狙う! の決断に観る側(パトロン)は大歓声と拍手喝采で応え、その勇気を称えます。マスターズでの戦いが、いかに難しいか、これだけでもわかるでしょう。

つまり、石川遼は最終日、68の好スコアを出し、次に向けていい余韻を残しましたが、厳しいことを言わせてもらうなら、上位と下位の戦い方は、次元がまったく違ってくるのです。

国内男子ツアーの「東建ホームメイト・カップ」(4月18日開幕、三重県桑名市=東建多度津CC名古屋)でプロに転向した松山英樹(21=東北福祉大)がデビューしました。

米国を転戦する石川にも期待したいことですが、新時代を背負う若手たちには、やはり、国際舞台で通用するゴルフを身につけ、繰り広げてもらいたいものだ、とマスターズのハイレベルな戦いに接してつくづく思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR