「世界遺産」に登録される難しさ

日本の象徴でもある「富士山」がこのほど、世界文化遺産に「登録」するよう「勧告」されたことにより、この大型連休の後半、多くの人出が見込まれそうな、富士山を擁する山梨&静岡両県は、大きな喜びに包まれていることでしょう。

世界遺産の定義は、世界遺産条約(世界の文化遺産、及び自然遺産の保護に関する条約=1972年にユネスコで採択)に基づき、世界遺産リストに登録された「人類が共有すべき“顕著な普遍的価値”を持つ物件」とされています。

さて・・・では、世界遺産リストには、どういう流れで登録されるのでしょうか。概略としてはまず、登録を求める当該各地域の政府機関が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)にリストを提出します。それを受けてユネスコが、文化遺産に関しては諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)に調査を依頼、イコモスが評価に値するものとしたなら、それを登録するようユネスコに勧告する、という仕組みです。

今回の「富士山」に対する“喜”がある一方、ガックリと肩を落とした“悲”が「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)の不登録でした。

鎌倉市は、私が住む藤沢市の隣に位置しており、私は気が向くと、江ノ電に乗ってフラリと古都に出かけて時間潰しなどをしていますが、ここはいつ行っても休日・平日関係なしの賑わいを見せていて、気持ちのいいひとときを過ごせます。

日本史の書物もをひもとくと「相模がもっとも輝いたのは鎌倉時代ではないだろうか」(山本博文監修「あなたの知らない神奈川県の歴史」)という記述がありました。1192年、征夷大将軍(武家の頭)となった源頼朝が、武家の幕府政権を鎌倉に置き、武家文化の開花など、一つの時代を築き上げました。

低評価! 「武家の古都・鎌倉」の悔しさ

その一方、では、頼朝が入る前の鎌倉に関して「あなたの知らない・・・」には、こんな記述がありました。

〈鎌倉幕府の正史「吾妻鏡」によると「鎌倉はもともと辺鄙(へんぴ)な土地で、漁師や農民以外、居を定めようという者は少なかった」という。そのため、幕府開創前の鎌倉は、ひなびた地方の一漁村であったと長らく考えられてきた〉

まあ、そうした見方もあり・・・とともに合わせて、さまざまな意見もあるようですが、武家の古都としての繁栄は、頼朝が幕府を開創して以降のこと、とすることに異論はないようです。

イコモスのユネスコへの勧告には4段階があり、それは①記載=世界遺産への登録にリストアップする②「情報照会」=次の機会に検討する③「記載延期」=再調査する④「不記載」=世界遺産にふさわしくない-なのだそうです。

今回の「富士山」が①だったのに対し「武家の古都・鎌倉」は“問題外”の④だったことが、関係者に相当のショックを与えたようで、それは、私自身も「フ~ン、そんなものなんだ」と同様の思いを抱きました。

評価の低い④の理由として、イコモスは「市街地の都市化などの影響により、人々の生活の形など、当時を証拠づけるものがない。(世界遺産として)普遍的価値を照明できない」(5月2日付新聞紙面から)と判断したとのことでした。

こうしてみると、第3者の評価というものは、つくづく難しいものだなァ、と思います。まあ、比較するのも何か? とは思いますが、体操やフィギュアスケートなどの採点、あるいはボクシングやレスリング、柔道などのジャッジにも、何やら共通項がありそうで、一生懸命にやってきた人たちにとっては、不本意な面も多いことと思います。

それにしても鎌倉の④は、この先にかなり、救いが感じられない評価です。一方が海、三方が山の鎌倉の地形は、山側から中に入るための“切通し”があったり、全体的に武家の拠点らしい「要塞的」な構えをしており、それは今でも残されているのですが、一方、昨今の観光客の増加により、街中には、古都を偲ぶものが少なくなっていることは確かです。

「人類が共有すべき顕著な普遍的価値」があるか? を問われれば、鎌倉が胸を張って「YES」と言えるかどうか・・・それはすべて、人がなくしてきたことであり、今後の“復元”が重要テーマとして浮上しつつも、とき遅し! の感もあり・・・です。今回の出来事は、本当に残念なことでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR