“西岡後継”へのノロシ!

イヤ~、凄い試合でした。最後の最後まで気を抜くことができず、胸苦しくなるような試合というのは、こういう展開を言うのでしょうか。プロボクシングのWBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(29=帝拳)の初防衛戦です。

日本時間8月18日午前(現地時間同17日夜)、三浦は敵地メキシコ(カンクン)で同級1位セルヒオ・トンプソン(29=メキシコ)の挑戦を受けました。
(試合の模様は8月18日午前11時からWOWOWで生中継されました)

三浦にとっては、初防衛戦という、ただでさえ重圧がかかる試合に加え、チャレンジャーの本拠地での試合、しかもトンプソンは現在、13連勝中、うち11試合連続KO勝利中、というパワフルな連打を武器とする強打者であり、相当な“難しさ”がのしかかる試合、と予想されました。

結果を先に言うと三浦の判定勝ち、ポイントは113-112、112-110、114-111と3-0の完勝ながら、2人のジャッジが1点差、2点差とする、きわどい勝負となりました。

展開を振り返ってみましょう。

滑り出しからトンプソンは、前にて出て攻め、接近して連打を繰り出す、手数の勝負に出ます。これに対して三浦は、左の“ボンバー”を炸裂させるべく、いい右を繰り出しながら、様子をうかがっています。

2回に早くも動きが起こりました。調子づいて接近してきた相手に左アッパーを見舞った三浦は、連打を続けてダウンを奪いました。

この攻防を見て三浦が案外、早い回に倒してしまうかもなァ、と思った方は多かったのではないでしょうか。実際、2回以降のトンプソンは、ダメージが足に来ていたようですし、大事な序盤を三浦が制して優位に立ったことは、いい流れといえたでしょう。

結果として勝負は、12回判定まで長引くのですが、WOWOWで解説を務めた元世界王者の浜田剛史氏(帝拳プロモーション代表)は、試合後、そうなったポイントを2回の攻防に求めていました。

再び“ラスベガスへの道”を開く海外初防衛

つまり〈三浦は2回にダウンを取って、以後、狙い過ぎてしまいましたね。狙っているうちに相手のパンチがどんどん飛んできてしまった。トンプソンのふらつきながら打つパンチも、手数としてポイントにされたのでしょう。それが接近していた採点の理由だと思います〉ということでした。

WBCが実施している公開採点では8回終了時、三浦が取っていましたが、1人のジャッジが77-73、2人のジャッジが75-74の1点差と、残り4回に勝負が懸かる、まだまだ分からない展開となりました。

終盤はともに我慢比べ、最後の力を絞り尽くす、緊迫した攻防が繰り広げられ、三浦の勝利が告げられたとき、浜田氏は「苦しい試合になることは予想していましたが、本当に苦しい試合になってしまいました」とホッとした顔を見せていました。

三浦の試合で思い出すのが11年1月31日、東京・有明コロシアムで行われたWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)へのチャレンジです。

この内山のV3戦、当初は暫定王者ホルヘ・ソリス(メキシコ)が予定されていましたが、ソリスが急病のため来日出来ず、急きょ、三浦(当時・横浜光)が借り出されました。

この試合、内山は8回終了TKO勝利で王座を死守しましたが、三浦は3回に左でダウンを奪う健闘を演じます。

内山に負けた悔しさが三浦のバネとなりました。その後、帝拳に移籍した三浦は、今年4月(東京・両国国技館)、WBC世界スーパフェザー級王者ガマリエル・ディアス(メキシコ)に挑戦する機会を得、4度のダウンを奪う圧勝(9回TKO勝ち)で王座を奪取しました。

成長はこの日の防衛戦を見れば明らかでしょう。過去、海外で王座防衛に成功した日本人選手は、渡辺二郎(1985年12月)と西岡利晃(09年5月、11年10月)の2人だけですが、3人目の偉業を達成した三浦は、何よりも西岡が海外の活躍で切り開いたラスベガス進出への道や、ノニト・ドネア(フィリピン)のようなスーパースターとの戦いに可能性を持たせる勝利を挙げたのです。もちろん内山との再戦、王座統一戦も視線の先です。

山中の“神の左”と並ぶ“ボンバーレフト”三浦のこれからが楽しみになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR