「観天望気」を習慣づけたい

〈観天望気(かんてんぼうき)〉=「空の状況を観察して天気を予測すること。雲形、雲の動き、風、太陽や月の見え方などから経験的に予想する」(広辞苑)

9月2日午後1時過ぎ、習慣的になっている運動不足解消のためのウォーキングに出かけました。

藤沢市(神奈川県)在住の私のウォーキング・コースは、江の島に向かって左右に伸びる海沿いの国道134号線を右方向に歩き、途中から並行して走るサイクリング・ロードを茅ヶ崎に向かう、往復約8~9キロくらいのコースです。

ペースとしては、散歩よりハードに、自分の体をいじめ、大量の汗をかく速さ、を心がけており、歩行中はあまり周囲の景色などを楽しむということはなく、黙々と下を向いて歩くタイプなのですが、この日は、ここ数日の猛暑のぶり返しから、やや、吹き抜ける風に“涼”を感じる心地良さがあり、自然に上を向く形となっていました。

往路は、左手の海(南)に沿い、西(小田原&箱根・伊豆方面)に向かって歩きます。見上げる南西の真っ青な空には、迫力満点の「積乱雲」-いわゆる「入道雲」がムクムクと、白の重なりを見せ、その上空に薄く広がる「巻積雲」(うろこぐも)が、入道雲とは対照的に「夏と秋のせめぎ合い」を感じさせていました。

〈観天望気〉という言葉を知ったのは、小学生の低学年のころだったかなァ? と思います。確か学校のプラネタリウムかなにかの見学の際に教わり、その後しばらく、空の観察日記をクラスの皆で記録していたことも懐かしく思い出されます。

成長した中・高校時代は、山好きとなり、それにともなう知識として観天望気やラジオの短波放送を聴きながらの天気図作成は、普通に日常的なことになっていた時代もありました。

さて・・・ウォーキングの復路は、太陽を背に受け、東に向かって歩きます。そのとき、空の様子がガラリと変わっていることに、エエッ、何だ! と何か不気味さを感じました。

東北の空に垂れ込めた恐怖の黒雲

時間は午後2時過ぎです。東北方向の空に浮かぶ積乱雲(だと思いますが)が低く垂れ込み、真っ黒なのです。往路の南西の空を彩った青と白の鮮やかさに対し、復路の東北の空の青と黒の不気味さは、どこか今年の夏の異常気象を象徴しているかのようでした。

そして・・・帰宅し夕方のニュースをテレビで見て驚きました。ああ、あの不気味な黒雲はやはり・・・ニュースは、埼玉と千葉の両県を襲った「竜巻と思われる突風」による甚大な被害を緊迫的に報じていました。

安否が気遣われ、慌てて埼玉・越谷市大林に住む記者仲間の一人にメールを送りました。彼の家は無事、が、近くのアパートが全壊、埼玉・松伏町の被害がひどかったようだ、との返信を受け取り、ついに関東地方、それも東京近県の地域に竜巻(とみられる突風)が襲来するようになったのか! と温暖化が起こしているのだろう「自然の怒り」の激しさに恐怖を感じました。

竜巻の発生が、上空の寒気と地表付近の暖気が生んだ積乱雲、それが巻き上げる強い上昇気流によって起きる、ということは、知識としては知っています。

しかし、昨今の異常気象で日本にも竜巻が起こり始めていても、誰もがまだまだ“対岸の火事”的な受け止め方ではないでしょうか。

が、実際に今回、竜巻と思われる突風の通り道では、一瞬のうちに家から車から、すべてが破壊され、吹き飛ばされる、すさまじい出来事が起きており、これはこれから、いつどこでも起きること、と認識を急転、変えざるを得なくなったことは確かです。

気象庁では、竜巻など激しい突風が予測されるときに「竜巻注意情報」というのを発表しています。

それによると「実際に竜巻に対する注意が必要なのは積乱雲の近くにいる人だけ」とあり、竜巻注意情報が発表されたら「まず空を見る」そして「真っ黒い雲が近づき、周囲が暗くなったり、雷鳴が聞こえたり、ヒヤッとした冷たい風が吹いてくる・・・」などのことが起きてきたら、頑丈な建物に移動するなどの安全確保が必要、としています。

そうしてみると、まず最初に〈観天望気〉ありき! のようです。私たちは、小学生のときに初めてその言葉を知った〈観天望気〉を、あらためて習慣づけることが必要なようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR