今度こそ!・・・宮里美香

国内女子ゴルフツアーは目下、今季メジャー第3戦となる女子ゴルファー日本一決定戦「日本女子オープン」(神奈川・相模原市=相模原GC東コース)の熱戦が展開されています。

第2日(10月4日)を終えて、アンダーパーの選手が2人だけとなる、意地悪な? JGA(日本ゴルフ協会)の主催ならではの難しいセッティングの中、単独トップに立っているのが通算4アンダーの宮里美香(23=NTTぷらら)、3打差の通算1アンダーで大山志保(36=フリー)が追っています。

宮里美は第1日、2アンダー(3バーディー、1ボギー)で首位タイのスタートを切り、第2日は前半イン、バーディーもボギーもないパープレーで、ただひたすら我慢を強いられましたが、それを乗り切り、後半アウトで爆発! 3バーディー(1ボギー)を奪って通算スコアを4アンダーに伸ばしました。

予選ラウンド2日間36ホール、難度の高いコースで各選手、四苦八苦する中にあって、宮里美のボギー2つだけは、調子のいい証拠なのでしょう。

ゴルフという同じ土俵上ゆえ、江戸の敵を長崎で討つ、という言葉は当てはまりませんが、宮里美の内面には、あの悔しさをこちらで晴らしたい! という“リベンジ魂”があることと思います。

そうです。9月15日に終了したUSLPGAツアーの今季メジャー最終戦「エビアン選手権」(フランス・エビアン=エビアン・リゾートGC)での悔しさです。

フランスの悔しさを日本で晴らしたい!

首位で迎えた最終日、スサン・ペテルセン(ノルウエー)、リディア・コ(ニュージーランド)と組んだ最終組で宮里美は、滑り出し5番までの3ボギーでズルズルと脱落、立ち直りのキッカケをつかみたかった7番パー5で「8」を叩き、すべての希望を失ってしまいました。

大失速の19位に陥落。試合終了後の宮里美は「せっかく2日間、いいゴルフをしていて、最終的にこういう結果は、凄く歯がゆい」(大会は悪天候のため3日間54ホールに短縮されました)と涙が止まらない状態でした。

それだけに・・・この「日本女子オープン」でつかんだチャンスは、ただの偶然ではなく、宮里美自身が「執念と意地」で引き寄せたもの、という感じがします。

だいたいが“メジャー女子”です。プロ転向後、主戦場は米国ですが、帰国して参戦した10年の「日本女子オープン」でプロ初優勝を飾りました。

その後も、昨年の「全米女子プロ選手権」で優勝にあとひと息の2位、また「全米女子オープン」でもトップ10(7位)に食い込むなど、メジャー競技での強さを見せつけています。

もともと、沖縄・松島中3年在学中の14歳時、初出場で「日本女子アマ選手権」を制覇、史上最年少優勝を達成した逸材です。

発展途上中の宮里美を指導したことがある宮里藍の父・優さんは、当時の宮里美を「とにかく度胸がいいですね。それとゴルフに関しては、局面に応じた状況判断が冷静に出来る選手」と褒め上げています。

つまり、この時代から宮里美には、難しくセッティングされた、日本と名のつく公式戦で、本領を発揮できる資質が備わっていた、といえるでしょう。

今回、宮里美には、何としても優勝を勝ち取ってもらいたいと思います。3年ぶりとなる2度目の「日本女子オープン」制覇を成し遂げてフランスの悔しさを晴らし、今後のさらなる飛躍につなげてほしいですね。

〈追記=10月5日16時50分〉

雨に見舞われた大事な第3日、宮里美が踏ん張りました。

スタートの1番でボギーを叩きましたが、3、5番でバーディー、6番ボギーでアウトは2バーディー、2ボギーと一進一退の展開でした。

後半インでの圧巻は、11番パー5で約7メートルを沈めたバーディーパット。15、16番の連続ボギーで73とスコアを一つ落としましたが、ただ一人アンダーパーの通算3アンダーで首位の座を死守しました。後続に5打差の独走態勢。

中継するテレビの解説を務めた森口祐子プロは、宮里美の好調の原因を「やはり、エビアン選手権の悔しさが原動力になっていると思います。反省点をしっかりとおさらいしたのでしょうね」と話していました。

が、後続に5打差は「セーフティーリードとは言えないのでは? むしろ、競っていたほうが集中力が高まりますからね」と最終日、自分との勝負となる課題も指摘していました。

(試合の模様は、NHK総合テレビから)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR