FC2ブログ

ゲーム精神あってこそ!

宮里藍(25)が首位タイの好スタートを切ったJLPGAツアー「NEC軽井沢72」(8月13日開幕=長野・軽井沢72ゴルフ北コース)の第1日成績を見ていて、目についたのが首位に3打差で5位につけた三塚優子(25)の頑張りでした。今大会は今季後半戦の第一弾。三塚にとっては、失敗は失敗としてひとまず胸中にしまい込んで再出発! といった心境でしょうか。

自らの慢心、未熟さを反省し、お寺に出向いて座禅を組んだり、住職の講話を聞いたりしたそうです。短期間のことでもあり、それが身についたかどうかは別にして、まずそういう修行に向かった姿勢は認めるべきでしょう。復帰戦となった前半終了戦の「スタンレー・レディース」(7月18日最終日=静岡・東名CC)では予選落ちとなりましたが、三塚にとっては復帰2戦目のここからが本番。思い切り自分を出して戦ってもらいたいものです。

「法律は悪人が存在するものとしてつくられているが、ゴルフルールは故意に不正をおかすプレーヤーはいないという前提でつくられている」

摂津茂和著「不滅のゴルフ名言集」に掲載されている、このまさに名言は、日本ゴルフ界の草分けとして知られる大谷光明氏の言葉です。ゴルフコースという広大な舞台で行われるゲームの審判員はプレーヤー自身であり、だからゴルフは、人間の善意を信頼しなければ成り立たないゲームなのだ、と同書は記述しています。

遅延プレーを指摘され途中棄権

三塚は今年5月の「ワールドレディース・サロンパスカップ」第1日に遅延プレーを指摘され、それを不服として感情を爆発させ途中棄権。冷静さが戻った翌日、自ら申し入れた2カ月間の出場自粛をJLPGA懲罰諮問委員会が受け入れ、さらに同委員会は罰金200万円、2年間の新人セミナー受講義務を科す処分を下しました。

メンタル・ゲームのゴルフにあって、それに臨むプレーヤーたちはそれぞれ、自分のペース、リズムを保つためのルーティン(決まった行為)を持っています。同伴競技者にあまり歓迎されないルーティンは、スロープレーだったり、外国人選手によく見られる1打ごとに口にするグチや怒りだったりしますが、遅延プレーに関してJLPGAには規定があり、それに反した三塚は違反の「2打罰」を素直に受け入れて自分をジャッジすべきであり、感情的な抗議と途中棄権による試合放棄などはまさに愚行、人の善意によって成り立つゴルフゲームを否定することになってしまうことでしょう。

かつて男女プロゴルフ界で起きた「スコア改ざん事件」は周囲を愕(がく)然とさせるものでした。男子プロには出場停止5年間、女子プロには同10年間の重い処分が下されましたが、これらの行為をしてしまってはもはや、ゴルフというゲームが成り立たなくなるのは当然のことでしょう。

プロゴルファーの川岸良兼らがまだ、日大の主力として活躍していた1980年代、彼らを率いる指導者が、笑いながらこう言いました。

「ヤツらには球を打たせるより、フランス料理のフルコースの食べ方を学ばせたいよ」

フランス料理の食べ方がどうの・・・はたとえ話にしても、ゴルフというゲームは、ひとたびコースに出て起きるさまざまな問題は、誰が手を貸してくれるわけでもなく、すべてプレーヤーが一人で判断して解決して行かなければならず、そこで必要となるのは、球を打つ技術より、むしろ“世間一般の常識”を知ることなのだ、ということをこの指導者は若い選手たちに言いたかったのでした。

ウーン、なるほど・・・これもまた名言ではありました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今の日本何かが、おかしい

政治の世界、スポーツの世界、学校教育の世界、企業の世界今の日本何かが、おかしい。昔のように、その時の、情熱・感情・燃えるような心意気で、取り組む気持が今の日本人には欠落しているように思います。まず何か行動する前に自分にとって、プラスは何か、マイナスは何か、ソロバン勘定が先立ちその時の感情、心意気で物事を考える気持ちを誰かが、失わせてしまったのかもしれません。いま日本人として本当に自分の国を愛し、自分の国を守ると思う若者が、何パーセントいるか、大変疑問に思えます。純粋無垢に特攻で、日本を守るために死んでいった若者の気持ちの100分の1の気持ちを理解することができれば、自然とすべての行動に、マナーはついてくるかと思います。「このままでは、日本はなくなる。」
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR