「15歳」が達成した快挙に思うこと

国内男子プロゴルフ・ツアーの国内開幕戦となった「東建ホームメイト・カップ」(三重県桑名市=東建多度CC名古屋)を宮里優作(33=フリー)が制した日(4月20日)九州・熊本では、とんでもないことが起きていました。

国内女子プロゴルフ・ツアーの今季7戦目「KTT杯バンテリン・レディース」(熊本県菊池郡=熊本空港CC)で、何とアマチュアの勝みなみ(15歳=鹿児島高1年)が優勝を飾ってしまったのです。

男子の宮里優は、昨シーズンの最終戦「日本シリーズJTカップ」(東京よみうりCC)で、苦節11年目、涙の初優勝を飾り、今回の優勝は“年またぎ”の国内2連勝となりましたが、話題はすっかり女子の快挙にさらわれてしまった形となりました。

・・・で、女子の南です。第3日を終えて首位に1打差の2位。まあ、15歳のアマチュア選手だし、健闘もここまでだろう、とは誰もが思ったことでしょう。

アマチュア選手がプロの選手と優勝を争うとき、その心理はどうなのでしょうか。

ひとつの例として宮里優のケースは、ある意味、なるほどなァ、というものがありました。

2001年の国内男子プロゴルフ・ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」(静岡・太平洋クラブ御殿場)での出来事です。

伊沢利光が優勝したこの試合、アマチュア(当時)の宮里優は、最終日最終組で最後まで優勝争いに絡んでいました。しかし、結果は、勝負どころで後退して2位に甘んじています。

あるとき、宮里3兄妹をプロゴルファーとして世に送り出した父親・優さん(68)が、当時を振り返って言いました。

〈優作の人の好さといいますか、プロの人たちに気を遣ってしまうのですね。プロはこれで生活しているのにアマチュアが邪魔をしては申し訳ない〉と-。

プロと戦うアマの心理は?

優さんは自著「宮里流 ゴルフ子育て法」でも、優作のこの件に触れています。

〈(略)それはプロに対して気を遣いすぎたことも要因として挙げられる。確かに賞金を争うプロの最終組でプレーすれば、邪魔になってはいけない、と思うのは、アマチュアとしては当然のことだが、逆にそれはプロに対して失礼である。(略)優作の気遣いなど、まったく無用なものなのである〉

礼儀正しく育てられてきた宮里優の、人柄をしのばせるエピソードであり、そうした人の好さがプロ転向後も、優勝を遠ざけてしまっていたようにも思います。

優さんが言うように、確かに勝負の世界にあって、こうした気遣いは無用のものとしても、プロの中で戦うアマチュアの心理としては、ああ、そういう複雑なものも生まれるのだろうなァ、と思います。

が、しかし、です。では、女子の勝の戦い方はどうだったでしょうか。

最終日、2番のバーディーで首位に躍り出ると、後続の後退もあり、6番のバーディーで3打差と突き放します。プレッシャーがかからないはずがないバックナインに入っても、勝のゴルフは少しも変わらず、優勝に向けてやるべきことをしっかりとこなしていきます。

その結果・・・1998年(平10)7月1日生まれ。15歳と293日の優勝は、史上最年少記録の更新と歴史を塗り替えてしまいました。

それにしても「15歳」という年齢は、スポーツ各界で活躍するアスリートたちの“キーワード”として依然、その座を譲りません。

15歳時に活躍したフィギュアスケートの浅田真央、卓球の福原愛(もちろん今もですが・・・)柔道の田村亮子ら・・・そして、ゴルフ界でも石川遼(22=CASIO)が、国内男子プロゴルフ・ツアーの「マンシングウェアKSBカップ」をアマチュアで制したのが「15歳と245日」の高校1年生時でした。

平成世代が持つ資質は、確かに凄いものがあることを感じますが、一方、思うことは、例えば勝たちがジュニアで活躍していたとしても、プロの世界で即、勝ってしまうものがあったか、ということです。

つまり、プロとアマの差についてです。

メンタル・ゲームのゴルフは、常に「経験」が「勢い」を押さえてきましたが、勝の優勝は、この試合を見る限り、心技体の充実に若い勢いが加わってプロ勢をしのぎ、その図式をくつがえすものを感じました。

新星の出現には、思い切り拍手を送りたいと思います。が、一方、どうしたプロ勢! という物足りなさも残った出来事でしたが、どうでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR