強すぎるのも困りもの?

“やっと”というか“ようやく”といった感じの出陣となりました。

プロボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(34=ワタナベ)の試合です。

昨年12月31日(東京・大田区総合体育館)のV8戦から出番がなかった内山ですが、ボクシング好きの友人からも、KOダイナマイトはどうしちゃったんだろうねェ、そろそろ試合が見たいねェ、などの声が聞かれていた中、ようやくワタナベジム(東京・品川区東五反田=渡辺均会長)が、今年12月31日のトリプル世界戦を発表、V9戦(挑戦者は同級9位のイスラエル・ペレス=アルゼンチン)が決まった内山にとっては、11年から4年連続して大みそかの出撃、とともに今年は、この試合1試合だけの寂しさとなってしまいました。

年間1試合というのは、やはり、不本意でしょう。内山陣営は今夏、同級1位(暫定王者)のブライアン・バスケス(コスタリカ)とのV9戦を計画していましたが、バスケスは12年12月31日の内山のV6戦で対戦し、TKO負けしていることで対戦を回避、強すぎるために内山の別の相手が見つからず、ついに1年間の空白を生んでしまった、という経緯となったようです。

強すぎるために相手が見つからない-この状況を聞いてふと、かつての辰吉丈一郎(元WBC世界バンタム級王者=大阪帝拳)を思い出しました。

1989年9月、韓国の崔相勉との6回戦(2回KO勝ち)でプロデビューした辰吉は、翌1990年9月、プロ4戦目に日本バンタム級王座に挑戦、王者の岡部繁(セキ=当時)を4回KOに下して王座を奪取しました。

その後の初防衛戦。辰吉陣営は同年12月3日、同級1位の松尾隆(新和川上=当時)の挑戦(指名試合)を受ける予定でいましたが、松尾が負傷して試合を回避したため、急きょ、新たな対戦相手を探さなくてはならない状況となりました。

が、それが難航を極めます。国内の選手にはすべて断られ、陣営はやむなく海外に相手を求め、その依頼が国際マッチメーカーとして活躍するジョー小泉氏に回ってきます。

寂しい…年に一度の試合では!

・・・ここでちょっと、プロボクシングのマッチメーカーの仕事に触れてみましよう。

彼らの仕事は、まずボクシングの興行を行うジム(プロモーター)が対戦相手をマッチメーカーに依頼することから始まります。

マッチメーカーの力量が問われるのは、基本的なものは、語学力と手持ちの資料、そして「もっとも大事なのは、どれだけ海外にネットワークを張り巡らしているか、相手国のマネジャーたちにどれだけ信用を得ているか」(ジョー小泉氏)など“顔”の部分となります。

世界戦のマッチメークは別として、日本選手vs東南アジア選手の場合の選手探しは、お目当ての選手が見つかれば、日本人選手に見合う力量があるか、マッチメーク料はどうか、などを計算しながら、交渉を進めていくのだそうです。

そうしたことをソツなくこなしてきた小泉氏でしたが、辰吉の相手探しには“参った!”とギブアップ寸前となったそうです。

当時の小泉氏の話-。

〈最初、韓国を当たったんです。が、辰吉と戦うのは嫌だ、とすべてに断られてしまって・・・。いや、驚きました。“天才”辰吉の名前は、東南アジア全域で噂になっていて、ほとんどが拒否のありさまでした〉

辰吉のキャリアにこんな一戦があります。

〈1990年12月18日 大阪府立体育館 ジュン・カーディナル(フィリピン) ○2回KO〉

このタフが売り物の若い(当時20歳)カーディナルこそ、小泉氏がようやく探し出し、交渉を成立させた選手なのでした。

辰吉に限らず、強い選手のマッチメーキングは、マッチメーカーにとっても、リスクと背中合わせで気を抜くことが出来ず、頭の痛い問題となるようです。

同様に内山の試合も、マッチメークが難しくなっているのでしょう。

が、思うことは、1年に一度の試合では、王者自身の稼ぎの問題、生活面が大変だろう、と余計なお世話を考えてしまいます。

内山は「世間から忘れ去られたころに試合をしますが・・・」と皮肉交じりに語りましたが、やはり、年に2~3回の試合はしてほしいと思います。それが、ファンにとっても、内山自身にとっても、大事なことではないか、と思いますが、どうでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR