FC2ブログ

高齢化社会ゆえの・・・

この夏、高齢者が運転する車に表示する「高齢運転者標識」が新しくデザインされ、警視庁から発表されました。新標識は「四つ葉のクローバー」の中にシニアの「S」を入れたもの。現行の「紅葉(もみじ)マーク」のままでもいいように思えますが、それが「落ち葉」や「枯れ葉」をイメージして不評だったことから変更が考慮されたそうです。

(高齢運転者新標識の写真は産経新聞に掲載されたものを使用しました)
高齢運転者標識
まあ、これまでの標識も新しい標識も、似たり寄ったりといったところで、良いの悪いのなど、さほどの感想もありませんが、ふと、これを付けるときはどんな気持ちになるのだろうか、ということを考えてしまいました。

1997年に登場した「高齢運転者標識」は当初、75歳以上のドライバーを対象に努力義務としての表示が指示されました。その後、年齢が70歳以上とされたり、努力義務が罰則付きの法的義務となったりして現在、70歳以上が努力義務、75歳以上が法的義務とされています。

私にはまだ数年、間があるものの、これを付けるようになったときの気持ちはどうか、それは逆に今、表示された車に出会ったときに思う気持ちと“表裏”のような気がします。

表示された車と出会ったとき、周囲の車の運転者はそれを保護する法的義務があります。やむを得ない場合を除いて、幅寄せや割り込みなどをしてはならないことが道路交通法で定められていますが、その一方、表示された車が流れに乗れないでいたり、ウィンカーが突然出されたりすると、ついイライラしたりすることもあり、マークはマークでも、初心者の「若葉マーク」に対する対応とは違ったものになってしまうこともあります。

「若葉マーク」とは違う気遣い

対応がなぜ違うのかを考えると、運転技術が未熟な「若葉マーク」車が、例えば曲がるときに最徐行の慎重さで速度を落として後続の車に気を使わせるのと、運転技術は経験豊富なはずの「高齢者マーク」車が、反応の低下で後続の車に急ブレーキをかけさせるのとでは、気遣いの“質”が違うからです。

免許証更新時に配布される「交通の教則」や「安全運転の手引き」などに記述されている高齢ドライバーに多い事故の原因としては、判断の甘さ、判断のミス、タイミングの遅れ、反応の遅れ、などが挙げられていますし、また昨今の高齢ドライバーの死亡事故多発を受けて、75歳以上のドライバーに対しては免許更新時に認知機能を調べる予備検診を法的に義務付けるなど、より慎重を期すようになりつつあります。

そんなこんなを考えると、車は極めて便利な移動の足であっても、安全面で「いったい何歳まで運転できるのだろうか」と思ってしまいます。

「安全運転の手引き」はまた、こうも言っています。

「高齢ドライバーは、自分で安全運転を心がけているつもりでも、他人が客観的に見ると安全運転とはいえない場面が多くある」

そして、最も危険なのは「過去の経験にとらわれることである」とも・・・。

いやはや、確かに・・・です。ン? そういえばかつて、9月15日は「敬老の日」でした。
(祝日法の改正により04年から9月の第3月曜日となり今年は20日)

高齢者の定義は65歳以上。74歳までが前期、75歳以上が後期、ちなみに85歳以上は末期なのだそうです。何やら高齢化社会ゆえの、お役所の手続き上の区分け方。

やっと吹き始めた秋の風が、やけに身にしみます。あ~あ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR