独善的男乃着物考其ノ拾伍

冬の足音が朝晩の冷え込みに感じられるようになりました。

が、本格的な冬到来の前のこの秋のひとときは、初夏の気候と並び、湿度の低さもあって、心地良い季節です。

旧暦の二十四節気による着物の四季では、神無月(かんなづき=10月)は、その昔「着物の正月」とも言われていたそうです。

盛夏(7~8月)の夏素材(薄物)から、9月の単衣(ひとえ)、そして10月からは袷(あわせ)に衣替えして翌年の5月まで。この本格的に着物を楽しむ8カ月間の始まりが10月であり、だから改まった気持ちにもなる、ということなのでしょうね。

和服に愛着を持つようになると季節に敏感になります。つまり、着物には“季節の先取り”が常にテーマとしてあり、例えば9月下旬から10月上旬の時期、まだ夏同様の暑さに見舞われていても、夏の装いが「×」であることは、常識として承知していなくてはならないことです。

が、このところ感じることは、以前のように10月まで“残暑厳しき”ということがなくなり、何やら、夏は8月には終わり、9月中旬には秋めいて赤トンボが飛び・・・と、四季のメリハリが、ほぼ暦通りになっているのでは? ということです。

従って私も、10月はもう終わりですが、この1カ月、行きつけの「飲み処(どころ)」には、暑さを気にせず、和服で出掛ける日が多くなりました。

・・・で、その「飲み処」での、ある日の出来ごと-。

カウンターを挟んで向こう側の、やはり和服好きの女将と「身八つ口(みやつくち)」の話題となりました。

「身八つ口」は何のためにあるか、女の着物にあって、なぜ男の着物にないのか、といったテーマです。

男と女の「身八つ口」談議

ちなみに「身八つ口」とは-。

〈女性や子供の着物に見られ、袖付けの下部分に続く見頃(みごろ)脇の開いているところ。一般的に13~15センチほど開いている。別名「八つ口」ともいい、衿、見頃の両脇、両袖脇、両袖口、裾、の計8カ所を総称したもの〉(「きもの用語の基本」参照)

-とありました。

和装には結構、うるさい女将も「あって当たり前とおもっているからねェ。そういえばなぜ、開いているのかねェ」などと首をかしげ、これは着たものしか分からない感覚だと思いますが「ここから手を入れれば、すぐ届いちゃう(何に?)からねェ。そのためじゃないの?」などと平然と言ってのけ、カウンターのこっち側の面々をドキッとさせたりもしました。

それはそれで、さすが着物! の楽しい答えではありますが、この「身八つ口」のように、女の着物にあって男の着物にはないものの代表的なものに「おはしょり(お端折)」があります。着丈より長い部分を腰のところでたくし上げ、調整した部分ですね。

この部分は、男の着物にはない、としましたが、実際は腰の部分に、内側に縫い込んだ「内揚げ」があり、必要に応じて出して伸ばしたりすることが出来ます。

女の着物の「身八つ口」は、どうやらこの「おはしょり」に関係がありそうです。つまり、これをきれいに畳んでつくり上げるには、脇から手を入れて操作するのが一番やりやすい、そのために開けてある、という説がありました。(「きものぷろぐ」の酒井さん、ありがとうございます!)

つまり、太い帯でしっかりと腹部を巻いてしまう女の着物にとって、脇を開けておくことは、各所を整えるということで必要なのでしょう。

では、男の着物になぜ「身八つ口」はないのか?

ある資料に実は、かつては「あったのだ」という説がありました。

男が和服を着るとき、私はいつも思うのですが、出来るだけ手に何かを持ちたくありません。手ぶらでいるためには、モノを帯に挟む、袂(たもと)や懐に入れる、ということになりますが、昔の人たちもそうしたようで、が、そのためには袂の片方を閉じておかなければならない、ということで、男の着物に「身八つ口」がなくなった、という説です。

またまた、カウンターの向こう側から、キツ~い、一言が発せられました。

〈フン、色気がないねェ。男の着物に「身八つ口」があっても、手に触れるのは“ポッチャリお腹”だけだものねェ。それじゃ、あっても意味がない〉

お言葉ですがねェ、女将さん! 男の着物は、硬派の心意気で体に巻き付けるもの、ですぜ。余計な隙間から腹など触れられたくないのです。そこのところ、ヨロシク!

(注=「独善的男乃着物考」シリーズは「日常」の項に収めています)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR