プロとアマの差について思うこと

メンタリティが勝負を分けるゴルフで「ベテランが積み重ねた経験」と「若手が持つ勢い」を比較したとき、前者が圧倒的に有利、と、かつては言われていました。

当然、プロとアマの差も、経験がものを言ったゴルフの世界では、歴然としていました。

私がスポニチ本紙でゴルフ担当を拝命していたのは、1980年代でしたが、この時代は、青木功、中嶋常幸の2強が賞金王を争い(前半不振だった尾崎将司は後半に盛り返しました)そのころ台頭し始めた羽川豊、湯原信光、倉本昌弘ら大学出の若手を完全に抑え込んでいました。

思い出します。青木の〈あのグリーン周りのモシャモシャね。逆目で(ボールが)沈んでてピー(PW)じゃ無理かと思ったけど、失敗したらシャンメェの気持ちでね〉など、独特の“職人気質”的な言い回しには、とても、昨日今日の若手が入り込む余地などないほどの迫力だったことを・・・。

ときは流れて-。

先日、シングル・ハンデの腕前を持つゴルフ好きの友人と雑談中、話題がこのテーマに及びました。

「石川遼とか松山英樹、あるいは女子の勝みなみら平成世代の台頭で、いつも思うことは、なぜ彼らは、青木や中島が長い年月をかけてやっと掴んだものを既に知っていて、いきなりそこからスタートしちゃうんだろうね。彼らの活躍に触れるたびにそう思うけど、どうしても答えが出ないんだよね」

友人「資質だろうねェ。やっぱり“持ってる”ってことだろうな、と思うよ。経験というけど、彼らはアマ時代、以前と違って結構、経験を積んでいるんだよね。国際試合も増えているしね」

それは間違っていないでしょう。

が、例えば中嶋は、日ごとに変わってしまうスイングのフィーリングを一定化させるため、並みではない打ち込みにより、わが身を“マシーン化”させてしまおう! など試みたことがありました。

藍&遼効果を発端として・・・

クラブなどの道具はもちろん、まだパーシモン・ヘッドの時代です。細かい技術が必要とされていましたが、こうした、いかにも“昭和”的な汗と努力を、彼らが“持ってる”かもしれない“平成”的な資質で片づけたくはない気がします。

プロとアマの差が縮まった、という話題は、ボクシング界にもありました。

エッ? ボクシングも? と驚く方も多いことでしょう。ボクシングなどは、それこそ、プロとアマの戦い方から違い、倒しに行くのがプロ、ポイントを取るのがアマ、とまったく、方向性が違っていたのですから・・・。

ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(帝拳)が、プロデビュー後、それほど違和感もなくプロの世界に溶け込んでいることに対し、元世界王者の浜田剛史氏と話したことがありました。

浜田氏「もちろん、ガンガンと前に出て倒しに行く“プロ仕様”は必要です。が、現在の採点法を考えるとき、必ずしもアマ時代の戦い方を全面的に変える必要はなくなっているんですね」

つまり、簡単に言えば、ジャブがポイントになる、というラスベガス方式の採点法です。

各ラウンド、必ず優劣をつけなければならない採点法では、五分五分なら、ジャブを出し続けているほうにポイントがきますし、それはアマ選手にとっては、アマ時代、さんざんやってきている戦い方なのです。

そうした観点から、浜田氏は〈プロとアマの差がなくなってきていますね〉としました。

特に今年の国内女子プロゴルフ・ツアー界は、4月の「KKT杯バンテリン・レディース」(熊本県菊池郡=熊本空港CC)で15歳の高校生・勝みなみ(鹿児島高1年)が優勝したことで効果が生まれ、アマチュア旋風が巻き起こりました。

この現象をJLPGA・小林浩美会長は、こう分析しています。

〈高校生アマだった宮里藍や石川遼がプロのツアーで勝ち、ジュニアの意識が一変しましたね。自分もそうなりたい、と。ジュニアを取り巻く環境も、試合数が増え、道具も進化しています〉

とはいえ、プロにはやはり、この仕事でメシ食っているんだ! という意地がなくてはなりません。

プロとアマの差が、だんだんなくなってくる時代を迎え、両者の対立構図? はこれから、どうなってくるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR