「イワシの頭も信心から」です

「10年ひと昔」-と言います。

ホント、早いものですね。06年から主戦場を米国に移して今季、節目の10年目を迎えることになりました。女子プロゴルファーの宮里藍(29=サントリー)です。

米女子ゴルフツアーの2015年シーズンは、1月28日開幕の「コーツゴルフ選手権」(米フロリダ州=ゴールデンオカラGC)で幕を開けます。

日本勢は、藍とともに宮里美香(25=NTTぶらら)、上原彩子(31=モスフードサービス)の3人が出場します。

あれ? 今年から米ツアーにチャレンジすることになった横峯さくら(29=エプソン)はどうしたの? となりますが、彼女は補欠でウエーティング(出場優先順位)の5番手に位置しており、欠場者による繰り上げの出場を待っている状態です。

今季の米ツアー本格参戦を決意した横峯は、昨年12月の米ツアー予選会(QT)にチャレンジしました。その結果、11位となってほぼ、全試合の出場権を獲得したものの、この開幕戦はまたまた、予選会で出場権を得なければならず、結果はウエーティングとなってしまいました。

このあたりが選手層の厚い米ツアーの、またルーキー選手への厳しさといったところなのでしょう。

開幕戦でいきなり“空回り”を余儀なくされた横峯や、あるいは昨季の不振により、今季は出場試合が少数に限られてしまう米ツアー3年目の有村智恵(27=日本ヒュートレット・パッカード)の苦悩などがある中、日本勢を引っ張る立場の藍もまた、この10年目は正念場となりそうです。

正念場を迎える10年目の宮里藍

藍の昨年シーズンは、トップ10入りがなく、予選落ちも7試合、賞金ランクは86位と低迷し、今季の賞金シード権を失うというピンチの状態となりました。優勝なしは、13年シーズンから2年連続、という寂しさです。

従って今季の出場資格は、賞金シードによるものではなく、過去4年間の複数回優勝者資格によるものなのだそうですが、このあたりも“背水の陣”的な緊迫感がのぞきます。

まあ、米国で10年近くも頑張っていれば、心身の消耗は“年齢以上”でしょうが、不振の原因は表向き、技術的なものとしてパットの不調が伝えられていました。

もともとショットメーカーの藍だけに、パットの好感触さえ戻れば、復調気配となるかもしれませんね。

ちなみにこの開幕戦で藍が使用するパターは、昔懐かしい「オデッセイ 2ボール」タイプなのだそうです。アマ時代の03年にJLPGAツアーの「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で優勝したときにこのタイプを使用していたとのことで、当時の感覚を取り戻せれば・・・といったところでしょうか。

ところで・・・パターの話になると思い出すのが「イワシの頭も信心から」です。

01年4月の国内男子ツアー「中日クラウンズ」での出来事-。

横田真一が、たまたま帯同キャディーが自分用に茨城・水戸市内のショップで購入した500円のパターを、ちょっと貸せ! と使用したところ、何とピタリとはまり、バーディー・ラッシュとなりました。

惜しくも優勝には届かなかったものの2位となり、500円(本人の出費はゼロ)が実に賞金924万円を叩き出してしまった、という“おいしい”話です。

ゴルフというのは案外、こんなものなのかもしれませんね。

高価な高性能最新ギアも無名の格安中古クラブも、要は道具との相性の良さ、それを使う人が「これ、いいねェ」と信じる心が“最高”を生み出すのでしょう。

藍ちゃんも、10年目の今季は、気楽にこれで行きましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR