あわや激突の危機! で考えたこと

下り坂で勢いがついた自転車の威力は、自転車といえど、凄いものがありますね。

過日、そうして突っ走ってきた自転車と、あわや激突の場面となり(こちらも自転車でした)冷や汗をかきました。

状況はこうです。

自動車が走る幹線道路を避け、私は、住宅街の中のごく一般的な道をゆっくり、ノンビリと走っていました。

その道は、片側に電車の線路があり、反対側には、住宅街からの多くの細い道が「T字」の形で交わっています。

住宅街の中の道ですから、交わるところに信号も一時停止の標識もなく、要所にミラーが設置されている程度です。

最近は、こちらが注意して最徐行していても、相手にぶつけられてしまう事故が多い、という、車にとっても自転車にとっても、物騒な世の中ですから、注意はし過ぎることがない用心深さが必要になっていますが、ああ、まさにそれが起きてしまいました。

ある「T字路」で下り坂を恐らく、ブレーキをかけずに突っ走ってきたのだろう、小学生の乗った自転車が、そのままの勢いで私が走っている道に飛び出してきて、私の自転車と激突しそうになったのです。

自転車といえど、出合い頭の衝突危機は、肝を冷やします。私はあわてて急ブレーキをかけ、とっさに避けようとハンドルを切りましたが、小学生の自転車は、勢いがついている分、止まることができずに前輪と前輪がガツン! と接触、大事には至りませんでしたが、私の自転車の前のカゴに入れている荷物が飛び出すほどの衝撃となりました。

最悪なのは“譲り合い”のないエゴ

「ごめんなさい」を繰り返し、顔から血の気が引いてしまった小学生を強く叱ることもできず、しかし、私の自転車がもし、車だったら死亡事故にもなりかねないこともあり、そうした注意をしたのですが、何か今の世の中、こうしたまったくの不注意、というか、注意力の散漫が原因で起きる事故が多いような気がします。

歩道や交差点を信号無視で突っ走る無秩序な暴走自転車の多さから、行政が、自転車も道路交通法上「車両」なのですから! と口を酸っぱくして啓蒙しても、乗り手にその意識がなければ、暴走行為はなかなか、なくならないでしょう。

ふと考えます。例えば今回の私の激突危機の場合-。

もし、私が吹っ飛ばされて不具合が生じ、ぶつけた側に賠償責任などが起きたときはどうなるのでしょうか。

信号や標識のない住宅街の中のT字路で起きた出来事の過失の割合がどうなるのか分かりませんが、優先道路は私が走っていた道であり、しかも徐行しており、坂道を突っ走って横道から飛び出してきた相手側に非があることは明らかでしょう(・・・と考えますが)。

自転車の事故による損害賠償金は最近、5000万円だ、3000万円だ、と驚くばかりの高額で新聞の社会面をにぎわせており、それはもう、たかが自転車だろ、の域を超えています。

言い換えれば、それだけ自転車の暴走的事故が増え、改めて「車両」としての認識が裁判でも浸透していて、それは年齢などに関係なく容赦がない、ということなのでしょう。

最近は週末になると色とりどりのスポーツサイクルが車道を突っ走っていますが、自転車の「安全利用5則」遵守、マナーの徹底などで不注意な事故を回避してもらいたいものだと思います。

最悪なのは、自動車は自転車や歩行者の存在を敵視し、自転車は自動車や歩行者の存在を敵視するなど、乗り手の〈譲り合いのないエゴ〉でしょう。

イヤことですが、そうした世の中になりつつあるだけに、それぞれの自覚が大切ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR