凄かった“ボンバーレフト”の威力!

半袖のポロシャツに薄手の上着くらいがちょうどいい、初夏の心地よい気候となった5月1日、東京・大田区総合体育館に出向きました。

プロボクシングWBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(30=帝拳)の4度目の防衛戦とプロ第7戦を迎えたロンドン五輪ボクシング(ミドル級)金メダリストでWBC世界ミドル級7位・村田諒太(29=帝拳)の取材です。

会場近くのファミレスで記者仲間と待ち合わせ。腹ごしらえしつつ、情報交換などしながら、2人の“戦いの場”に向かいます。

ああ、それにしても・・・です。

人々が日ごろの仕事から解放され、GWの大型連休を存分に楽しもうというときになると、決まって私たち記者連中の仕事が増えるというパターンは、何も今に始まったことではありませんが、つくづく“因果”を感じてつい、ボヤキも出てしまおうというものです。

とはいえ、帝拳ジム(東京・新宿区神楽坂)の本田明彦会長などは、三浦と村田の試合を見届けた後、その夜の深夜便で米国に向かい、5月1日(日本時間同2日)にラスベガス(米ネバダ州)で行われる粟生(あおう)隆寛 (31=帝拳)のWBO世界ライト級王座決定戦、さらに翌5月2日(日本時間同3日)の歴史的対決、フロイド・メイウェザー(38=米国)vsマニー・パッキャオ(36=フィリピン)戦に顔を出すというのですから、何ともタフというか、並みの体力、精神力ではありません。脱帽!

さて・・・大田区総合体育館は、三浦のド迫力勝負にファンが沸きに沸きました。

試合前、スポニチ本紙の世界戦評論でおなじみの元世界王者・浜田剛史氏に展開を聞いてみました。

-相手のビリー・ディブは元世界王者(IBF世界フェザー級王者)ですね。

浜田氏「結構、打ってくる選手ですよ。足も速い」

-どんな展開になるでしょうか。

浜田氏「(ディブは)序盤、打ち合わないと思います。(三浦と)打ち合えば不利となることは分かっているでしょうからね」

-カギを握るのは?

浜田氏「足を使って動くディブを三浦がどの時点でつかまえるかでしょう。三浦がピンチに陥るとしたら空回りしたときですね」

これらを頭に叩き込んでリングサイドの記者席に座りました。

頼もしい“ひと昔前”のタイプ

ゴング! 驚くべきことなのか、当たり前のことなのか、浜田氏の、というか、この場合は帝拳陣営の予想といったほうがいいと思いますが、ディブが予想通りの出方をします。

足を使って大きく回るアウトボクシングです。

三浦が鋭い眼光でこれを追いかけます。前進! また前進! 強いプレッシャーにディブは後退を強いられていました。

戦前に浜田氏が指摘した「どの時点でつかまえるか」-それが早くも3回に来ました。

つかまえにくい相手に狙っていたボディー2発。たまらずガードを下げて逃げるディブをコーナーに追い詰め、今度は顔に“ボンバーレフト”の左ストレートをお見舞い。その後の連打はとどめで事実上、左一撃で試合は終わっていました。

試合後、浜田氏が言いました。

「後半まで行くだろうと思っていました。よく早い回でつかまえられたと思います」

これで4度目の防衛に成功しましたが、三浦は防衛戦ごとに強さを増している感じがします。

もともと打ち合いに強く、打たれても、それ以上に返せばいいだろう、と考えるタイプなのだそうですが、それが最近は、相手に打たせなくなっているようなのです。

浜田氏に言わせれば「相手のパンチを殺して打っている」とのことでした。

同じ左が武器でも、WBC世界バンタム級王者・山中慎介(32=帝拳)の、きれいに外してきれいに打つ、という華麗なるボクシングではなく、とにかく打ち勝つというボクシングの本質をいく〈ひと昔前のタイプ〉が三浦なのでした。

頼もしいですね。

試合を終えたリング上で三浦がインタビューに答えます。

〈強い相手とやって世界に名を広めたいですね。次ですか? ハイ、皆さんが知っているビッグネームともやりたいですね〉

5月6日に10度目の防衛戦を控えるWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(36=ワタナベ)も視野に入れ、またまたファンを沸かせてくれるような試合を見せてくれそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR