「十人寄れば十国もの」です!

人の目~モノごとの見方、受け止め方、解釈の仕方~などは、本当にさまざまで面白いものだなァ、とつくづく思います。

若き日の川口浩、野添ひとみが好演した吉村公三郎監督の大映映画「地上」(島田清次郎原作=1957年公開)を観(み)る機会を得、それについての感想です。

大正初期の北陸(石川県金沢市)を舞台とした情緒的なこの映画は、大河“川口浩”平一郎と吉倉“野添ひとみ”和歌子が、ともに惹かれ合い、身を焦がす灼熱の恋の末に最後は別れる、というストーリーです。

そのラストシーン-。

東京に向かう“川口”平一郎を乗せた列車を“野添”和歌子が必死に追い、遠ざかり、次第に小さくなり、やがて視界から消えていく列車の、最後は音を聞くように“野添”和歌子が、レールに耳を当て、そこで「終」の字幕となります。

さて・・・そのレールに耳を当てるシーン。私が小さな疑問を投げかけました。

私「確か左の耳をレールに当て、顔は下り方向を向いていましたよねェ。それ、ちょっと不自然ではないですか? 身を焼き尽くす恋の末の未練なら、右の耳をレールにあて、顔(視線)は上り方向、去り行く列車を熱く追うのが自然でしょう」

これに対してさまざまな意見が出ます。

Aさん「それはカメラマンのアングル、撮影角度だったのではないですか? 右の耳をレールに当てた顔を撮った場合、去り行く列車や背景、レールの遠近感が写せない。そうした都合だったのでは?」

未練?・・・一転、決別への決意!

もっともな解説です。・・・ですが、撮影角度の都合で終わらせてしまっては、この大事な場面、ちょっと配慮が足りないのでは? とも思います。

そんな矢先、鋭い観方が飛び出しました。

B女史「ねえねえ、男たちはそんな観方しか出来ないの。あれはねえ、走り行く列車の音に未練を感じているのではないの。早く遠ざかれ、行ってしまえ、という決別の意志表示なのよ。だから背中を向けるのが当たり前でしょ。撮影角度の都合なんて・・・計算ずくの逆向きです」

ウ~ン! 凄いですねェ。そう言われてみれば、相当に深い観方ですが、なるほどねェ、と思ってしまいます。

話はガラリと変わりますが、5月3日(日本時間同2日)に行われたプロボクシングの「今世紀最大の対決」とされたフロイド・メイウェザー(米国)vsマニー・パッキャオ(フィリピン)戦=メイウェザーの判定勝ち=について、このところ、あの試合は果たして良かったのか? という問いかけをよく受けます。

私自身の受け止め方は、良かった、面白かった、です。

その理由としては、メイウェザー&パッキャオとも、今日の地位を築いた自分のボクシング・スタイルを出し合っての試合だったから、ということですね。

この2人の対決、パッキャオが攻め、それをメイウェザーが防ぐのは、当然の展開であり、パッキャオがとどめとなる“あと半歩”の踏み込みが出来ず、その“あと半歩”の踏み込みをメイウェザーが阻んだことが勝負の分岐点となるスリリングな攻防に、観る側も気を抜けず、最後まで緊張感が持続されていました。

攻めるパッキャオ、逃げるメイウェザー。善玉のパッキャオ、悪玉のメイウェザー。会場から聞こえるブーイングは、メイウェザーへの不満で“つまらない試合だった”という観方も多かったかもしれません。

・・・が、モノごとは、人それぞれ、十人十色(十人いれば顔も考え方もまちまち)あるいは、十人寄れば十国もの(十人集まると生国がそれぞれ違うように個性も違う)-ですね。

だから面白いのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR