海に求めるものは何ですか?

早いものです。もう一年の前半が終わり、後半開始の7月を迎えてしまいました。

このところの時の流れの速さには、少々、焦り気味にもなってしまいます。

で・・・7月1日-。

私が住む藤沢市(神奈川県)は、梅雨が戻って雨模様となりましたが、江の島を中心とする片瀬海岸の西浜&東浜、西に広がる鵠沼の各海水浴場が海開きしました。

さて、今年の湘南海岸は、8月末までの2カ月間“どんな夏”を繰り広げることになるのでしょうか?。

どんな夏? と問いかけたのは、そう、ここ数年、湘南海岸は《治安か繁栄か》どちらを優先するかの間で大きく揺れ動いているからですね。

片瀬海岸の一部海の家が、昼間から大音響で音楽を流し、水着姿の男女がひしめき合って踊る「海の家の“クラブ化”」が問題となり、近隣住民の苦情などを機に、片瀬エリアの海水浴場(江の島海水浴場協同組合)が、行政の要望を受け、自主規制を開始したのが2013年でした。「音楽の全面禁止」や「入れ墨の露出を控える」など“健全化”を目指して・・・です。

が、人々の受け止め方はさまざまです。“こんな海はつまらない”-と静かになった海岸に背を向けて、騒ぎたい客は、東に隣接する鎌倉市、逗子市、葉山町の各海水浴場に流れて行きました。

〈治安と繁栄〉の狭間で揺れる規制問題

その結果、2013年夏、逗子海水浴場で暴力団関係者による刺殺事件が発生してしまいます。

その不祥事を受けて逗子市(平井竜一市長)は2014年、規制を徹底強化、砂浜での飲酒や入れ墨の露出を禁止、海の家の音楽禁止や営業時間の短縮など「日本一厳しい条例」を打ち出して2014年夏を迎えました。

そうしたことによる結果はどうだったでしょうか?。

特に規制を設けなかった鎌倉市の由比ヶ浜海水浴場にマナー違反の海水浴客が増え、同年夏を総括した新聞記事は「海岸付近のマンション敷地内のシャワーを無断で使用したり、水着姿で街中を闊歩(かっぽ)する海水浴客が相次いだ」と風紀の乱れを指摘していました。

一方、日本一厳しい条例の元でスタートした逗子海岸の2014年夏は、利用客の半減による業者の売り上げ減、営業面の苦戦を強いられ、死活問題を背景とする市と業者との対立が取り沙汰されるに至っています。

ああ、あちら立てれば、こちら立たず、の苦境! です。

《治安か繁栄か》どちらを優先させるのか-。その結果、逗子市は今夏、それぞれがマナーの向上に取り組むことを条件として、日本一厳しい条例を緩和、スタートさせました。

騒ぎたい! 海で仲間と乱痴気騒ぎしたい! そういう客は、砂浜で酒も飲めない海を嫌います。

一方、子供中心の家族連れは、安心・安全を求め、静かでノンビリとした海で自然を満喫したいことでしょう。

《治安と繁栄》の両立は、極めて難しいテーマとなる中、やはり大切なことは、行政の規制などではなく、利用客の公共マナーでしょうか。

公共マナーを守ることによって済むだろう問題に、行政の規制が乗り出すことは、ある意味、恥ずかしいこと、と思うのですが、どうでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR