鎌倉宮で「譲良親王」を偲ぶ

鎌倉好きの友人FとS、それに私を加えたいつものメンバー“3匹のオヤジ”が、8月4日正午、JR「鎌倉」駅の東口改札口(鶴岡八幡宮側)に集まりました。

ご無沙汰していた面々に〈久々に会おうか〉とメールしたところ、即刻〈鎌倉駅正午集合!〉の返信が来たのですから驚きでした。

オイオイ、この暑い中、歩くのかよ、冷房ギンギンの涼しい店内でビールとざる蕎麦、歓談のほうがいいのでは? が正直なところでしたが、Fの気合に気おされて、夏真っ盛り、炎天下の鎌倉散策をスタートさせました。

・・・で、どこへ行く? そうだね、あまり歩かずに近場がいいね、じゃ、二階堂方面かな? 歩くか? バスだな-。

最初の気合はどこへやら。相変わらず外国人観光客やら、浴衣姿の若い女性グループやらでごった返す駅前で、行く先を相談しているだけで汗が滴り落ち、気勢が次第にそがれて、寺よりビール! と早くも冷えたジョッキが脳裏をかすめる始末となりました。

駅前の「鎌20系統(鎌倉宮行き)」バス乗り場を探し乗車します。出発! 

鶴岡八幡宮に向かい、八幡宮前の信号を右折して道なりに走ると「岐れ道」のバス停があります。右方向が「杉本寺」や「報国寺」などへの道につながる金沢街道。左方向がこのバスの終点「大塔宮前」(鎌倉宮)方面です。

バスに乗り「岐れ道」あたりで降りてブラブラと「鎌倉宮」に向かおうか、などと話しているうちに、意図的? だったかどうかは不明ですが「岐れ道」で降り損ね、運転手さんに「次、もう終点ですよ」などと告げられ、友人Fの「今日の散策は中途半端に終わりそうだなァ」の言葉が妙に真実味を帯びてきました。

が、しかし、バスを降りて目の前に広がる「鎌倉宮」(神奈川・鎌倉市二階堂154)は、猛暑の中にも通り抜ける風が涼しさを運び、意外な心地よさに包まれていました。

「鎌倉宮」は“悲劇の王子”と呼ばれた後醍醐天皇の第3皇子・譲良(もりなが)親王を祀(まつ)る神社です。

長い石段でキブアップした暑い夏

資料によると、譲良親王は1333年(懐かしいですね。鎌倉幕府の滅亡。中学時代の歴史で「イザササン」と暗記しませんでしたっけ)父・後醍醐天皇とともに鎌倉幕府を倒し、武家から天皇を中心とする社会への復帰「建武の新政」を成し遂げています。が、その後、討幕で手を組んだ足利尊氏との対立により、東光寺の土牢に幽閉されてしまっています。

その東光寺跡地が鎌倉宮。また、資料は、幽閉された譲良親王は、1335年(建武2年)に足利尊氏の弟・直義の命によって殺害され、その首が「理智光寺」に葬られた、と記しています。

であれば、その「理智光寺」跡にある「譲良親王墓」(神奈川・鎌倉市二階堂773)に行かなければ話になりません。

住宅地であるこの周辺は、ちょっと分かりにくいところがありますが、鎌倉宮からの案内板に従って歩くと、まったく突然、といった形で「譲良親王墓」が出現します。

ここは凄いですね~。どう凄いかというと、うっそうと樹木が生い茂る中、真ん中に急斜面の、苔むした石段が、見上げる高さでそびえているのです。周辺は静寂そのもの。

「オレは遠慮するよ」と友人F。では・・・と私が買って出て一段、二段と上り始めたのでしたが、途中、2、3度休憩を入れて、上り切ったところの平地に立つと、また同様の石段が、さらに上へと延々と続いているのです。

エ~ッ! とここで気持ちが萎え、しかも、石段の下を見下ろすと相当、急傾斜の下りとなっています。少々、高所恐怖症気味の私は、この第一段階でギブアップ! 墓にはたどり着けないまま、次回の宿題を残して退散となってしまいました。

自分を棚に上げて「まあ、夏の暑いときだからな。無理は禁物だよな」と友人F。彼がスタート前に何となく言った「中途半端な散策」になりながらも、さあ、ビール、ビール、となれば元気が戻り、ただひたすら、鎌倉駅に向かって歩きます。

駅前の蕎麦店がいつもの打ち上げ処(どころ)です。

グビグビと冷たいビールを流し込み、冷やしたぬき蕎麦の旨さに舌鼓を打ち、人は勝手なものですね、これだけで外の暑さが吹っ飛び、もう次はいつだ、という話をしてしまうのですから・・・。

もちろん、私にとっての次は、あの急傾斜の石段の先にあるものを見届けることですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR