近づく頂上決戦! その行方は?

ボクシング好きの、いつもの友人からの電話攻勢が、このところ頻繁(ひんぱん)です。

「“ゴッドレフト”だけどね~。大丈夫かなァ。準備は順調に進んでいるのだろうか?」

ファンの心理とは、こういうものなのでしょう。大一番(9月22日=東京・大田区総合体育館)が近づくにつれ、WBC世界バンタム級王者・山中慎介(32=帝拳)への“シンスケ命!”の思いは、相手が相手だけに一抹の不安も入り混じって気が気ではないのでしょうね。

山中がアンセルモ・モレノ(30=パナマ)と9度目の防衛戦を行うことが帝拳ジムから正式発表されたのは7月10日のことでした。

私の周辺では、エッ、ホントにモレノとやるの? という声が多く聞かれるほど、このマッチメークは衝撃的でした。

モレノといえば、昨年9月、ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に相手のけがで不運な6回負傷判定負けを喫し、WBA世界バンタム級王座を明け渡したものの、それまで同王座を12度防衛していたスーパー王者です。

正規王者からスーパー王者への格上げは、実は“強すぎるため”とされており、王座を降りても、その実力に変わりはありません。

常に強い相手との対戦志向を持つ山中は、9度の防衛戦で元世界王者との対戦は、これで5度目となりますが、その中でモレノ戦は、バンタム級の頂上決戦として最大難関となるだろうことは、容易に予想がつくことです。

西岡の意志継承の“ゴッドレフト”

対戦が決まってからの山中は、沖縄キャンプで徹底的に走り込んで持久力をつけ、現在は帝拳ジムでスパーリングを中心とするジムワークに移行しています。

モレノには「チェミート(亡霊)」の異名があります。これはパンチを放ったときには、もうその場にいない、ことから命名されたとのことです。

加えて体の柔らかさ、パンチを外すテクニックにも長(た)けており、帝拳ジムの元世界王者・浜田剛史氏に言わせれば「相手に持てる力を出させない上手さがある」選手。 山中が“ゴッドレフト”で仕留めようと意識すればするほど、空回りさせられかねない、厄介な相手です。

こうした危機に立ち向かう山中は、スパーリングを通して、当てにくい相手なら、ガードの上でも何でもいいから、とにかく体にパンチを当てることを考える、と分かりやすい戦い方に徹し、それが出来ればそこに好機も出てくるだろう、との対策を練っているようです。

プロボクシングの世界王者たちは、本当に楽はできない時代に入ったと思います。

かつてなら、防衛を重ねれば、それはそれで評価の対象になりましたが、今は、誰と戦って、どういう勝ち方をしたか、という内容に重きが置かれています。

その傾向はやはり、ラスベガス(米ネバダ州)を含む海外での防衛戦を敢行し、最後はノニト・ドネア(フィリピン)戦にまでこぎつけた元世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃(帝拳=引退)が火をつけています。

西岡以後、その意志を継承しているのが山中のような気がします。

打倒モレノで次はラスベガス進出! そうなってほしいものですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR