FC2ブログ

「たこっかい」の怪!

午後から降雨-の天気予報となった9月6日の日曜日、雨になったらイヤだなァ、と曇天を見上げつつ、以前から予定されていた三浦海岸でのバーベキュー・パーティーに、日ごろの飲み仲間たちと出掛けました。

三浦海岸(神奈川県三浦市)に住む、飲み仲間たちの共通の知人の主催です。地元の仲間たちも加わって、飲んで食べてワイワイガヤガヤ、にぎやかにやろうよ、という趣旨でした。

私が住む藤沢市(神奈川県)からは、JR東海道線の「藤沢」駅から上り電車に乗って一駅目の「大船」駅で下車。横須賀線に乗り換えて「鎌倉」「逗子」方面に向かい「久里浜」駅で下車します。そこから、今度は京急久里浜線に乗って「三浦海岸」駅へ。ちょい乗り換えが多く、面倒な道中ではありますが、飲み会とあれば車を使えず、そのあたりは皆、飲んべえ、とあって文句ナシ! のモノ分かりの良い人たちばかり? です。

約20人近くの仲間たちが集まったバーベキュー・パーティーには、地元の漁師さんが前日、この日のために張り切って、三浦海岸に潜って捕獲した魚介類が出され、皆、うまい! の連発で満足そうな笑顔となりました。

終わりが近づき、締めに絶品の「蛸(タコ)飯」が出て皆、舌鼓を打っているとき、この日の“功労者”地元の漁師さんが「“たこっかい”って知ってるかい」と話題を振ってきました。

ン? たこっかい? 何それ? つまり「蛸っ貝」-蛸が好物の貝を食べるときの様子を言うのだそうです。

蛸は硬い殻でガードされた貝をどうやって食べるのか。素潜りで漁をするこの漁師さんは、岩陰で貝を抱いている蛸を何度も目撃しているそうで、その様子は、足(あるいは手?)で貝をきつく抱き締め、殻をこじ開けながら中身を吸う、と言います。

地元の漁師さんは、その姿があまりに奇怪に見えて、まあ、さしずめ「蛸っ貝の怪」といったところなのだそうでした。

こんな話も出ました。

〈蛸は頭がいいよ。陸(おか)に上がってきて道路を横切るとき、ちゃんと横断歩道を渡るからね〉

これはジョーク、笑い話ですが、蛸の頭の良さに関しては、形の認識や識別能力、学習能力など、既に証明されており、横断歩道をひょっとしたら、本当に渡るかもしれません。そういえば、かつて“勝敗予想”に優れた「蛸のパウル君」なども出現して注目されましたっけ・・・。

なぜか悪いことに使われる不思議

その半面、蛸という言葉は、なぜか「ほめるとき」より「けなすとき」に多く使われるのは、不思議なことです。

例えば、野球でヒットが出ず、4打数ノーヒットのとき、私たちは普通に「4タコ」などと表現します。大相撲界の隠語で「タコになる」と言えば「天狗になる」「生意気になる」ことを意味します。

また、丸刈りの人を「あざけっていう語」(広辞苑)として「蛸入道」や「蛸坊主」があったり、人をののしるときには「このタコ!」と怒鳴ったりします。

また「蛸部屋」などというものもあり、これは「北海道や樺太の炭鉱などで、監禁同様にして働かせた飯場。そこに拘束された労働者を“タコ”といった」(広辞苑)と、どうも蛸は、理不尽なことを表現するときに使われがちです。

「引っ張りだこ」は「多くの人から嘱望されること」(広辞苑)とあり、オッ、これはいい意味に使われているな、と思ったら、この「たこ」は「凧」のほうで、一方には「はりつけの異称」(広辞苑)ともあり、これは〈蛸の乾物をつくる際に足を四方八方に広げて干す〉ことから、その形に由来しているとあり、やはり蛸は、どうしてもマイナスのイメージが強いようです。

漁師さんが言いました。

〈そうだねえ。そう言われてみると蛸の印象は悪いね。でもね。「たこっかい」のときは、明晰な頭脳を感じるね〉

まあ、私たちは、そうした獲れたての海の幸、コリコリした蛸足の刺身をありがたく頂いているのですから、口が裂けても人を「このタコ!」などとはののしれません。

ではその代わりに・・・「このイカ!」では迫力がないし「このサザエ!」でも調子が狂ってしまいます。

不思議にピタリと来る「このタコ!」で収まってしまいますが、知的能力が高い蛸こそ、迷惑千万な人間の仕打ちでしょうね。

その罰か、夜遅くなった帰路は、土砂降りの雨となりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR