日本のハロウィーンに思うこと

友人との雑談中に「ハロウィーン( Halloween)」の話題が出ました。

友人がしかめっ面で言います。

〈この時期になるといつも思うんだけどねェ。あのハロウィーン。若い連中の大騒ぎも気に入らないけど、もともと日本人がこの祭りを行う意味がよく分からんねェ〉

確かに欧米の行事であるハロウィーンは、日本には最近まで、ほとんど縁のなかったものだったと思います。それに火をつけたのは、1990年代後半、東京ディズニーランドが行ったハロウィーンにちなんだイベント「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」だった、と言われ、それを契機として菓子メーカーなどが、バレンタインデー同様の商戦を仕掛け、今の定着化に結びついた、というのが、だいたいの流れでしょうか。

資料によると、ハロウィーンは、もともとはヨーロッパを起源としており「諸聖人の祝日の前夜(10月31日)に行われる祭り。スコットランド・アイルランドに起源を持つ米国の祝い」(広辞苑)とされています。

さらに詳しく言うと、古代ケルト人の民族行事の一つ、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す「サウィン祭」をルーツとしているのだそうです。

ちなみに〈ケルト民族〉とは-。

〈ケルト民族〉=「インド・ヨーロッパ語族に属し、5世紀頃までアルプス以北のヨーロッパの大部分とバルカンまで広く居住した民族」(広辞苑)

大騒ぎするための口実であっては・・・

「諸聖人の祝日」は「万聖節(Hallowmas)」と言われ、死者の霊が親族を訪れるとされ、その意味では、日本のお盆、と似ています。

が、日本と違うのは、霊と一緒に悪霊などもついてくるとされ、それを追い払うために、あの仮装が行われるようになったそうです。なるほど・・・ですね。

また、この時期になると、私が住む近隣の家の玄関先にも、ハロウィーンのシンボルであるカボチャが並び、その定着度がうかがえます。

このオレンジ色のカボチャは「ジャック・オー・ランタン」と言うのだそうで、カボチャをくりぬき、怖い顔などをつくるのも、悪霊を怖がらせて退散させる、という意味があるのだそうです。

子供たちにとって楽しいのは、お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ! という「Trick or Treat」でしょうか。各家庭を回ってお菓子をねだり、もらえないとイタズラをしてしまうという、ハロウィーンの変な行事です。

・・・といった、いかにも「クリスマス・イブ」的な、ハロウィーンのお楽しみ、なのですが、欧米人たちのジョーク交じりのイタズラ、悪ふざけを日本人が真似するとどうなるか、友人の怒りはここにあるのですが、マナー違反、ルール違反が決まって起きてしまうことです。

今年のハローウィンの日、10月31日は土曜日に当たることで、大量の人出が予想され、警視庁がJR渋谷駅周辺の警備を厳重にする、という厳戒態勢が報じられました。

新聞記事によると、昨年も仮装の着替えに使われたトイレが汚され、大量のゴミもそのままにされ、さらに騒ぎに便乗した暴走行為や警備の警察官とのもみあいなどで大混乱となっています。

幼稚園児たちが、魔女の姿などそれぞれの仮装で街を歩いているのなら、それはそれで微笑ましい風景ではありますが、いい若者たちが市民の苦情をかえりみずに暴走するなら、日本のハロウィーンなどは、ただ大騒ぎするための口実でしかありません。

ハロウィーン商戦によって、この行事を日本に根付かせ、経済効果を図ることも結構ですが、できることなら、本来の意味合いから大きく脱線しないことを願うばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR