大みそかには格闘技興行が似合う

本当に早いものですね~。

11月の声を聞くと、年賀状印刷の案内が届いたり、地元のデパートからは、お歳暮のカタログが届いたり、ああ、もうこんな季節になったのか、とつくづく、ときが過ぎ行く速さを感じます。

それも、ニュースが3日も経てば過去のものとなってしまうような、昨今の世の中の慌ただしさ、立ち止まっている時間もないようなせわしなさ、のせいなのでしょうか。

私自身は、この時期、残り少なくなった手帳の、やたら書き込まれた12月末の日程を眺めつつ、ああ、また今年の大みそかも現場に出なくてはなァ、とため息交じりとなります。

振り返ってみれば、大みそかの夜、自宅でノンビリと「紅白歌合戦」などを見なくなって(見られなくなって)から何年が経つことでしょうか。

「エエッ! 大みそかにやるの?」

最初に恨んだ人は、アントニオ猪木でした。

「そとにいるヤツ、みんな集まれ~ッ! 紅白歌合戦にひと泡吹かせようじゃないか!」の号令で2000年12月31日、大阪ドームで格闘技興行が開催されました。

いかにも猪木らしく、総合格闘家とプロレスラーが、垣根を外してゴチャマゼとなったおもちゃ箱。観客も何か何だか分からずに・・・しかし、カウントダウンの興奮も手伝って、やたら盛り上がっていましたっけ・・・。

それが始まりです。翌01年には、周辺を整備して「K-1軍vs猪木軍」の抗争をテーマとして行われ、それをTBSテレビが全国ネット放映でサポートします。

今年の「紅白・・・」は面白かったですか?

以降、12月31日の格闘技興行は定着化、民放テレビ各局の視聴率戦争も勃発。“打倒・紅白!”の旗印のもと、グングンとエスカレートしていきました。

・・・となると元日付のスポーツ新聞各紙の紙面づくりはどうなるか?

だいたい12月31日に格闘技興行が定着する以前は、大みそかの動きなどほとんど、文化・芸能関係に限られ、正月用のスポーツ面は企画もので早々とつくり上げていたものでしたが、これにより一転して“生もの”となります。

それがどういうことになるか。現場に出向いた私たち記者は、大みそか用の特別体制、早い締め切り時間に追われ、息つく間もない送稿で働きっ放しの状態となるのです。

戦い済んで日が暮れて・・・ではありませんが、クタクタになって終夜運転の電車で帰宅中、途中の駅でドドッと初詣の人たちが乗ってくるときの気持ちは、どうでしょうか、これはもう、どこに愚痴をこぼしていいか分からない、といった状態になりますねェ。

格闘技の全盛期が過ぎ、さあ、これで人並みの大みそかが過ごせるかな? と思ったら、今度はプロボクシングの興行が、それに代わりました。

その代表がWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(35=ワタナベ)です。

内山はこのほど、今年も大みそかに東京・大田区総合体育館で11度目の防衛戦(相手は未定)を行うことが決まり、これで11年のV4戦から5年連続の大みそかの試合となります。

現段階では、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(22=大橋)も12月29日に東京・有明コロシアムて初防衛戦を行うことが決まり、9月に初防衛に成功したWBA世界フライ級王者・井岡一翔(26=井岡)も、恒例化している大みそかの試合に一枚かんできそうです。

まあ、翌日に新年を控えた大みそかという特別の日に何かをやってみようか、という発想が最初にあり、ダメだったらやめればいいだろ、の開き直りもあり、その結果、大みそかは格闘技が似合う、という新しい発見をアントニオ猪木が生み出しました。

結果、私はこれで00年から実に16年間も「紅白歌合戦」を見ていない(恐ろしい!)ことになりますが、まあ、それはそれで仕方のないことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR