相撲は国技か? の議論

友人と飲み処(どころ)に出向き、オッ、鍋があるぞ! と寄せ鍋を注文して雑談、そんな中で「日本の相撲は〈国技〉と認識されているのだろうか」という話になりました。

折から、熱戦を展開中の大相撲九州場所(福岡国際センター)の10日目(11月17日)、横綱・白鵬(30=宮城野)が“猫だまし”2発の奇襲を見せて勝利、横綱らしからぬ・・・などの批判を受けました。

相撲を国技と認識しているファンも多いことと思いますが、そういう方々は、国技の頂点に立つ横綱が、など、あるいは眉をしかめたかもしれません。

まあ、常識的には、猫だましなどの奇策は、下位の力士が上位の力士にひと泡吹かせるために用いるものですが、私自身の感想は、別に横綱がやってもいいのでは? でした。

その件は別にして、冒頭のテーマ、友人が指摘した〈相撲は国技なのかどうか〉という判断を起点として、では相撲道に生きるものは、とか、その頂点に立つものとしての矜持は、などの問題が出てくるのではないかと思います。

私自身は、スポニチ本紙に入社したての駆け出し時代、相撲担当記者を命ぜられ、そこから記者人生をスタートさせました。

当時、西も東も分からない相撲界に入り込んで、取材と言うより、分からないことを一から十までがむしゃらに聞き回っていましたが、そうした中で〈相撲が国技である〉という、ハッキリとした文言を関係者から聞いたことはありませんでした。

が、一方、相撲は〈国技というイメージの中に置かれているなァ〉ということは、ことあるごとに感じさせられたものでした。

国技というイメージの中にある相撲

新聞報道にしても、例えば2011年2月、大相撲界の八百長問題が発覚して大騒ぎになったとき、記事の中に「国技・大相撲が・・・」などの記述はなかったし、また2013年1月、元横綱・大鵬の納谷幸喜氏が他界したときも、記事にはやはり〈国技を支えた大横綱〉などの記述はありませんでした。

国技の意味として広辞苑には-。

〈国技〉=「一国の特有な技芸。一国の代表的な競技。わが国の相撲など」

とあります。

ここでは相撲を国技としていますが、その認識がなぜ、まちまちなのでしょうか。

元日刊スポーツ記者で私の記者仲間でもあるスポーツ・コラムニストの工藤隆一氏は、自著「大相撲のなぜ?がすべてわかる本~力士はなぜ四股を踏むのか?」(日東書院刊)で、そこに触れています。

同氏は〈日本相撲協会の寄附行為(公益財団法人の根本規則)には「国技」の文字はどこにもありません〉としたうえで1909年(明治42)、東京・両国に初の屋内相撲常設館が開設されたことで-。

〈(略)完成するまでは単に「常設館」と呼ばれていたが、いよいよ完成する段になって、きちんとした名称をつけなければ、ということになり、当初は「尚武館」「武道館」などが候補に挙がっていた。そんな中、当時の作家・江見水蔭が起草した、常設館開設の挨拶文の文言にあった「相撲は日本の国技にして・・・」のくだりを発見した年寄・尾車親方が「国技の館で国技館というのはどうだろうか」と思いついた(略)〉

同氏は、つまり「相撲=国技」は、この「国技館」の名称から広がったもので、相撲という競技自体が、それ以前から「国技」と呼ばれていたわけではなく(略)・・・ちなみに両国国技館に先だって開設された柔道の常設館は「講道館」と名付けられたが、このときもし「国技館」の名称が使われていたら「相撲=国技=国技館」は存在しなかった、としています。

面白いですねェ。

従って厳密な定義としての「相撲=国技」はないようで、アバウトではありますが“事実上の”とか“国技的な”といったところに位置づけされるのが無難なようですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR