“その声”を届かせたい!

古都・鎌倉(神奈川県)の象徴である「鶴岡八幡宮」(通称=八幡さま)の境内を歩くと、正面階段上の本宮に向かって左サイド、源平池の「平家池」に沿うように建つ近代的な建造物が見えます。

それが「神奈川県立近代美術館~鎌倉館」-。1951年(昭26)11月17日に開館した日本初(日本最古)の公立近代美術館ですね。

その歴史的な美術館が、今年3月末をもって閉館、65年の幕を閉じることが決まり、美術愛好家たちにとっては残念な出来ごととなってしまいました。

同美術館が建つ土地の所有権は鶴岡八幡宮にあり、神奈川県に貸与している形を取っていますが、30年ごとに交わされるという土地貸借契約が、このほどの3月末の満了で更新されないこととなったのです。

長いときを経て老朽化する建物に対し、鶴岡八幡宮側の史跡を重視する意向により、現状の変更が難しくなったことが、活動終了の主な要因となったようです。

・・・が、だからといって簡単に〈はい、そうですか〉と引き下がれない人たちもいます。

“ちょっと待ってよ!”と手(コブシ?)を挙げたのが、鎌倉市在住の自称“一主婦”藤本美津子さん(70)ら3人でした。

65年の歴史に幕を下ろす“名所”

彼女たちは、美術館活動の終了が表だった3年前、継続を願う署名活動を行い、2カ月間で「61人の賛同者と1万6453筆の署名」(藤本さん)が集まり、神奈川県、鎌倉市、鶴岡八幡宮など関係各方面に提出。そうした活動のひとつのケジメとして、14分間の短編ドキュメンタリー「鎌倉に叫ぶ! 鎌倉の近代美術館の灯を消さないで」(構成・撮影・編集=岡村淳)を製作、1月30日、鎌倉市内の「鎌倉生涯学習センター」で上映するに至りました。

映像は、同美術館がかつて行った展覧会の数々のポスターを鎌倉館の庭に並べて存続をアピールする藤本さん自身が映し出され、その行為にクレームをつける警備員と引かない藤本さんのやりとりに継続を切に願う愛好家の純粋な熱意がにじみ出ます。

藤本さんが言います。

ただの一主婦がこうしたことを始めるのには本当に勇気がいりました。でも、私は、この美術館のおかげで絵画に入門することが出来たのです。文字や映像など表現の方法はさまざまありますが、絵画もまた、大切な表現の仕方の一つ、それをこの美術館が教えてくれたのです

この出来ごとがマスメディアで取り上げられても、決定事項を“上からの目線”でしか報じないことへの不満もあったと言います。

藤本さんの行動は、だから“下からの声”であり、あるいは巨大風車に立ち向かうドン・キ・ホーテ的な行為であるかもしれません。

「神奈川県立近代美術館~鎌倉館」は、現在開催中の展覧会「鎌倉からはじまった。1951-2016 PART3『鎌倉近代美術館』誕生」(1月31まで)で一般公開を終了、2月から一般の立ち入りが出来なくなり、3月末で美術館活動を終えます。

その後は、同近代美術館の「鎌倉別館」(1984年開館=鎌倉市雪ノ下)と「葉山館」(2003年開館=三浦郡葉山町)に活動を移行させます。

鶴岡八幡宮は、新年の初詣に、あるいは七五三のお祝いに、など、さまざまな行事のときに、またそれ以外でも日々、にぎわいを見せています。

そんなとき、ふと立ち寄ってみようか、という気にさせるのが、近代美術館だったでしょうか。

開館してから65年-。あるべきところに決まってあったものが、なくなってしまっているのは、本当に寂しいものですが・・・。

〈訂正=2月1日午前〉
文中「集まった3万6000人の署名」と記しましたが、その後、藤本さんから連絡が入り、正確には「2カ月で61人の賛同者と1万6453筆の署名」だったとのことでした。お詫びして訂正します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブラジルの岡村より御礼まで

28日の夜に日本の到着した岡村です。
拙作をご高覧いただいて御ブログにご紹介くださり、感謝です。
30日夜より東京で拙作上映講座が始まるため、その準備のため鎌倉での上映に全回立ち会うことができず、失礼しました。
美術館の廃館問題と藤本さんらの活動にひかりを当ててくださり、うれしい限りです。
プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR