あの1ホールですべてが終わった

なぜこんなところで・・・これがなかったら〉-。

“たら・れば”は禁物のゴルフ・ゲームにあって、しかし、そういう悔しい出来事は、アマチュアのみならず、プロでもしばしば起きるものです。

USLPGAツアー「キングズミル選手権」(5月22日=日本時間同23日=最終日、米バージニア州ウィリアムズパーク=キングズミル・リゾート)での宮里美香(26=NTTぷらら)のそれは、第3日の10番(405ヤード・パー4)で起きました。
大会はWOWOWが生中継

初日、6アンダーで単独トップ。第2日、通算6アンダーで首位に1打差の2位。2012年の「セーフウェー・クラシック」で米国初優勝を飾った宮里美は、それ以来の2勝目に向けて大事な第3日を迎えました。

前半アウトは、我慢を貫き、1バーディー(通算7アンダー)を奪って後半インを迎えます。

10番の第1打は、フェアウエー右のバンカーへ。「出すだけでよかったのに欲を出してしまって・・・」(宮里美)トップ気味に打った第2打はラフへ入ってしまいます。

この日は早朝、激しい降雨があり、ラフは相当にウエット状態にあった、と解説されていました。打ちにくいラフからは出すだけの第3打。そこからオンに2打を要し、何と5オン2パットのトリプルボギー「7」を叩いてしまったのです。

その後、3バーディーを奪って、この痛恨の「7」を帳消しにしましたが、スコアは通算7アンダーで首位に3打差の8位後退。最終日に3打差逆転の可能性が残されたものの、トリプルボギーがなかったら、の“たら・れば”を使わせてもらうなら、通算10アンダーでアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)と並ぶ首位に返り咲く局面となっていました。

中途半端な決断が招いたミス

この差は心理的に大きいですね~。

3打差を追いかけた最終日、宮里美はもう一つ、勢いに乗れず、4バーディ、4ボギーと一進一退のゴルフとなり、通算7アンダーで15位タイの終戦となりました。

スウェーデン・ナショナル・チームの元コーチで引退したアニタ・ソレンスタムのコーチを務め、宮里藍の相談役でもある、メンタル・トレーナーのピア・ニールセン氏は、自著「ゴルフ『ビジョン54』の哲学」で冒頭、こう記述しています。

〈(略)トーナメントのパー5の最終ホールで、第2打をウォーター・ハザードの向こうのグリーンにフェアウエーウッドで打とうとしていた。勝ち抜くにはバーディーが不可欠で、できればイーグルをとっておきたいところだった。結果はその日最悪のスイングで完全にボールの頭をたたいてしまった。ボールがフェアウエーでバウンドし、グリーン手前のクリークに入り、完全に優勝の可能性が潰えたことを悟った。(略)〉

このミスの原因を、ニールセン氏は〈ショットを打つ前の“ためらい”にあった〉としています。この選手は最初、フェアウエーウッドを握り、次にアイアンを選びかけ、またフェアウエーウッドに戻しています。

その迷いで〈大事なこの1打に集中できなかった〉としているのです。

宮里美の10番のミスも、中途半端な判断、という意味でこのケースに似ています。

第1打がフェアウエー・バンカーに入ったことは仕方がありません。

そこからの第2打以降をどうマネジメントするか-。無難にフェアウエーに出すだけで第3打、パーセーブを狙う決断に迷いを生じさせないことが、優勝戦線に残るための条件だったでしょうが、余計な欲がそれを惑わせてしまいました。

その代償が「7」となったことは、本当に痛いですねェ。ゴルフというメンタル・ゲームの怖さでしょうか。

ちなみにニールセン氏は、フェアウエーウッドをミスした選手が、ホールアウト後、ミスを悔やんでフェアウエーウッドをいくら練習しても、それは無意味だ、としています。そこでミスすることなどまずなく、つまり、そうした問題ではなく、すべてはメンタルの問題、決断の強さの問題、としているのです。

優勝する選手というのは、やはり、その週、そうした面が充実しているのでしょうね。

4日間72ホール中、たった1ホールといっていい、この悪夢の10番「7」のミスを宮里美は、忘れたいでしょうが忘れずに、次に生かしてもらいたいものだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR