躍進の日本勢! 「2番じゃダメなんです」

日本勢のメダル・ラッシュに沸くリオ五輪にあって、アレレ、銀がないねェ、が、どこか不思議な感じを与えていました。

なぜなら、日本人が得意とする? 善戦、惜敗の展開なら、あと一息で金! の銀がもっと多くてもいいはずだからです。

そう言えば以前、某女性議員の「2番じゃダメなんですか?」との発言が話題となりましたが、こと五輪の勝負に関しては、3番より2番、2番がダメなことはありませんが、2番より1番! に越したことはありません・・・などと思っていたら、早速、銀が出ました。

競泳男子バタフライ200メートル決勝でラスト50メートル、怪物マイケル・フェルブス(米国)を猛追して2位に入った坂井聖人(21=早大)です。

1分53秒40のタイム。何とフェルブスに100分の4秒差の惜敗。ほら、これがニッポンの銀なんだよ、伸びしろを感じさせる銀、4年後の東京を見据えれば、こうした銀がもっと多くてもいいんじゃないかな、とも思います。

とはいえ、今回の日本勢は、観る側を眠らせてくれません。

8月11日午前5時-。

例によって枕元のラジオをつけると柔道の熱戦が入ってきました。女子70キロ級・田知本遥(26=ALSOK)が優勝して今大会、女子勢の金メダル第1号を達成したこと。次は男子90キロ級・ベイカー茉秋(21=東海大)が決勝戦を行う、というアナウンサーの高揚した声・・・。

2020年東京への意識改革

日本時間午前5時22分、決勝戦の開始。相手はパルラム・リバルテリアニ(27=ジョージア)です。

ここまで4試合、すべて1本勝ちで上がってきたベイカーに勢いを感じます。

あくまで攻めの姿勢のベイカーは2分過ぎ、右足を絡めた大内刈りで有効を奪い先行しました。が、何ごとも“その後”が難しいですね。出てくる相手。受け止めて守りつつも、攻めなければ押し込まれる。我慢の中、2つの指導をもらいながらも、ベイカーは逃げ切って優勢勝ち。同級で日本人初の金メダル獲得という快挙を成し遂げました。

ベイカーは、喜びをこう話しました。

〈井上(康生)監督の勇姿を見て柔道を始めた。小さいときからオリンピック・チャンピオンを夢見て取り組んできた。今日の戦いは、小さいときからの夢だったんです〉

ベイカーにとっては、やはり「2番じゃダメなんですよ」の戦いでした。

ちなみにベイカーに敗れたリパムテリアニが、表彰式でも笑顔を見せず、うつむき、涙ぐんでいるのが印象的でした。この男にとっても「2番じゃダメなんです」の戦いだったのでしょうね。

日本の柔道は、体格的なこともあり、どうしても中量級主体になってしまいますが、ベイカーの快挙は、重量級が抱える課題に風穴を開けたことにもなります。2020年東京に向けてこれは大きいですね。

「2番じゃダメなんですよ」の意地は、男子体操のエース・内村航平(27=コナミスポーツ)もまた、見せてくれました。男子団体総合の金メダルに続いて、同個人総合も金メダルを獲得。それも2位から、最終種目の鉄棒で逆転劇を演じての優勝でした。

リオ五輪の場には、どうやら「2番じゃダメなんです」の日本代表勢があふれているようで、それがなるほど、銀が少ない理由なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 彰雄

Author:佐藤 彰雄
◆生年月日 
1944年(昭19)8月生まれ
◆出身 
神奈川県
◆プロフィール
スポーツニッポン新聞社在職中は運動部記者として大相撲、野球、ゴルフ、ボクシング、格闘技などを幅広く取材・執筆。
現在はフリーの立場でボクシングを中心に取材活動を続けている。
ゴルフのマスターズなど海外取材経験も豊富。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
ランクアップにご協力下さい
↓↓↓↓クリック↓↓↓↓
QRコード
QR